BTEQ を使用した Teradata Vantage へのログオン | Teradata Vantage - 2.2 - BTEQを使用したTeradata Vantageへのログオン - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)
Vantageにアクセスするには、ローカル ワークステーションにクライアントがインストールされている必要があります。アプリケーションおよび分析ツールを参照してください。

Advanced SQL Engineを構成するには、Teradata StudioBasic Teradata Query(BTEQ)ユーティリティなど、SQL文を実行できるクライアント アプリケーションを使用します。これらのクライアント アプリケーションを使用すると、ユーザーは次のことを行なうことができます。

  • SQL DCL、DDL、DMLリクエストを使用して、データベース、テーブル、ビューの作成などの管理タスクを行なう。
  • 印刷出力用および画面出力用にレポートを書式設定する。

簡略化するために、Advanced SQL Engineを構成する以下の手順では、BTEQのみを使用してデータベースにアクセスしています。

  1. BTEQを起動します。
    例えば、Windowsで、画面の左下にあるMicrosoftのロゴをクリックし、ダイアログ ボックスでRunと入力します。
  2. 開くボックスでcmdと入力すると、コマンド ウィンドウが開きます。
  3. BTEQと入力します。
  4. 例えば、.logon systemname.your_company.com/dbc;と入力します。

    systemnameはプライマリ データベース ノード(そのネットワークでのVantageシステムの名前であり、TDPIDとも呼ばれる)です。

  5. パスワードdbcを入力します。