Vantage の分析ツール | Teradata Vantage - 2.2 - アプリケーションおよび分析ツール - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)
分析ツール 説明 参照
BTEQ Basic Teradata Query(BTEQ)は、ワークステーションのユーザーが1つまたは複数のVantageシステムとやり取りを行ない、印刷出力および画面出力用にレポートを書式設定する、汎用のコマンド ベースのプログラム。BTEQを使用してSQLクエリーをVantageに実行依頼する。BTEQはその結果を書式設定し、それを画面、ファイル、または指定されたプリンタに出力する。
データベース ウィンドウ Teradata DBWを使用すると、データベース管理者、システム オペレータ、およびサポート担当者がAdvanced SQL Engineの操作を制御できる。

DBWは、Advanced SQL Engineユーティリティの操作を開始および制御するための主な手段でもある。

Teradata Databaseウィンドウ
Jupyter Jupyterは、数十のプログラミング言語に対応しているオープン ソースの対話型コンピューティングの規格のセット。Jupyter Notebooksは、ライブ コード、方程式、可視化、説明文が入っているドキュメントを作成および共有できるようにする、オープン ソースのWebアプリケーション。TeradataはTeradata VantageでJupyterを使用しやすくするJupyter機能拡張セットを提供している。この機能拡張セットは、使用するJupyterインスタンスにインストールする必要がある。

SQLとPythonノートブックのサンプル、およびJupyter用のSQL拡張機能の使用に関する追加情報については、https://teradata.github.io/jupyterextensions/を参照。

Teradata Vantage™ Modules for Jupyterインストール ガイド, B700-4010
RStudio RStudioはR用のIDE。RStudioにはコンソールとエディタだけでなく、作図、履歴、デバッグ、作業領域管理用のツールも付属している。
Studio

Teradata Studioは、データベース管理、クエリー作成、およびVantage(Advanced SQL EngineMachine Learning Engine)とHadoopシステムでの管理タスクを行なうための、クライアントベースのグラフィカル インターフェース。

Teradata Studioは、ネイティブGUIアプリケーションを構築および展開するためのEclipse Rich Client Platform(RCP)フレームワークに基づいて構築されている。また、Teradataでサポートされているデータベースに格納されているオブジェクトおよびデータにアクセスするための機能強化を提供するように、Eclipse Data Tools Platform(DTP)が拡張されている。

Teradata Studioは、VantageおよびHadoopのプラットフォームでの管理、データの管理と転送、SQLクエリーの作成を統合することによって、Teradata Unified Data Architecture(UDA)をサポートしている。

TPT Teradata Parallel Transporter(TPT)は、データの抽出、ロード、および更新でスケーラブルかつ高速な並列データを提供する、オブジェクト指向のクライアント アプリケーション。これらの機能は、カスタマイズまたはサードパーティ製品で拡張することができる。

TPTでは、スタンドアロン ユーティリティと総称されるFastLoad、MultiLoad、FastExport、TPumpなど、従来型のTeradataの抽出およびロードのユーティリティの機能が利用および拡張されている。

Teradata Parallel Transporter(TPT)ユーザー ガイド
Vantage Analyst Vantage Analystを使用すると、ビジネス アナリストおよびデータ サイエンティストが以下のことをできるようになる。
  • 複雑な機械学習アルゴリズムをコーディングすることなく、予測モデルを作成、トレーニング、および採点する
  • 掘り下げて、対話型の可視化を使用して隠れたデータ パターンを見えるようにすることによって、アジャイルで反復的なデータ サイエンス プロセスをシミュレートする
  • 複雑で大量のルールベースの計算および分析のワークフローを行なう
Vantage Analystユーザー ガイド
Vantage分析ライブラリ Vantage分析ライブラリは、Advanced SQL Engineで直接構築されている50個以上の高度な分析関数をデータ サイエンティストに提供する。これらの関数では、探索的データ分析、データ準備と特徴量エンジニアリング、仮説検定、統計モデルと機械学習モデルの構築と採点など、データ サイエンスのプロセス全体がサポートされている。

Vantage分析ライブラリhttps://downloads.teradata.comからダウンロードできる。

Vantage分析ライブラリ ユーザー ガイド
Viewpoint Viewpointポータルは、ポートレットとして知られているWebベースのアプリケーションが表示されるフレームワーク。ITプロフェッショナルおよびビジネス ユーザーはポートレットをカスタマイズして、WebブラウザでTeradataシステムを管理およびモニターできる。

ポートレットを使用すると、企業全体のユーザーが特定のビジネス ニーズに合うようにタスクをカスタマイズし、オプションを表示することができる。ユーザーが最新のデータを表示し、クエリーを実行し、ビジネス上の意思決定を適時行なうことができるので、ユーザーが自分の作業を独力で管理できるようにすることで、データベース管理者の負担が軽減される。ポートレットは、コンテンツの追加画面を使用してポータル ページに追加される。Viewpointの管理者はユーザーのロールに基づいてポートレットへのアクセスを構成する。