FOR構文要素 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLストアド プロシージャおよび埋め込みSQL

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/vqj1592443206677.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1148
Product Category
Software
Teradata Vantage
IF_statement
<IF>を参照してください。
CASE_statement
<CASE>を参照してください。
label_name
FOR文のオプションのラベル。
終了ラベルが指定されている場合、終了ラベルと同等の開始ラベルを指定する必要があります。開始ラベルはコロン(:)で終わっている必要があります。
BEGIN END複合文のラベル名は繰返し文内で再使用できません。1つのラベル名を1つの入れ子FOR文グループ内で再利用することはできませんが、入れ子になっていない別個の繰返し文内では再利用できます。
for_loop_variable
ループの名前。
cursor_name
カーソルの名前。
WHERE CURRENT OF句の目的語として、更新可能カーソルで使用します。
cursor_specification
カーソルとして使用される1つのSELECT文。
読み取り専用カーソルの場合、1つのSELECT文に1つのSELECTを組み込むことも、UNION、INTERSECT、MINUSのような集合演算子を使用した複数のSELECTを組み込むこともできます。
更新可能カーソルでは、集合演算子を使用できません。
statement
1つ以上のDML文、DDL文、DCL文(動的SQL文を含む)、または制御文(BEGIN END複合文を含む)。