17.00 - フェールオーバー発生後のDSAの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

フェールオーバーが発生すると、Data Moverフェールオーバー モニターはスタンバイ サーバーに自動でフェールオーバーします。新しいアクティブ サーバーでData Mover DSAジョブを有効にするには、BAR NC ClientHandlerソフトウェアでソースおよびターゲットのTPAノードに対して次の手順を実行します。

  1. /etc/opt/teradata/dsa/clienthandler.propertiesbroker.listの値を編集します。
  2. 古いアクティブData Moverホストを新しいアクティブData Moverホストに置き換えます。
    broker.list=153.64.24.162:61616
  3. ClientHandlerを再起動します。
    /etc/init.d/clienthandler restart
  4. ソース システムおよびターゲット システム上のTeradataバージョンに基づいて、以下のいずれかのアクションを実行します。
    Teradataのバージョン アクション
    16.00以降 追加の手順は必要ありません。
    16.00未満
    • 新しいアクティブData Moverサーバーからdsa_configsysを実行し、システムを登録します。
    • DSMAINを再起動します。
    • 使用中の環境に基づいて、DSAネットワーク構成セクションの構成手順に従います。