17.00 - 必要なポート オープンの確認 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
フェールオーバー クラスタの各サーバーで特定のポートを開く必要があります。ほとんどの場合、デフォルトのポートが利用できないときは別のポートを割り当てることできます。
  1. 次のグラフを使用して、必要なポートがフェールオーバー クラスタで開いていることを確認します。
    ポート番号 サーバー タイプ 使用者
    22
    • Original-active
    • Designated-standby
    • Standby-only
    • その他のエージェント
    • 元のアクティブ モニター
    • 指定スタンバイ モニター
    SSH
    1025
    • Original-active
    • Designated-standby
    • Standby-only
    • その他のエージェント
    TPTAPIおよびJDBC

    ARC(バックアップおよび復元デーモンのみ)

    61616
    • Original-active
    • Designated-standby
    ActiveMQ
    25368
    • Original-active
    • Designated-standby
    Data Mover同期サービス
    1443
    • Original-active
    • Designated-standby
    RESTful API
    9090
    • Original-active
    • Designated-standby
    DSA RESTful API