17.00 - 高可用性の構成シナリオ - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
高可用性を正しく構成するには、このセクションに示される順序で各ステップを実行する必要があります。各ステップの後に、構成プロセスを示すユースケースが例示されています。次の図と表で、フェールオーバーの構成プロセスで使用される用語を説明します。


サーバー名の例 サーバー タイプ 説明
DM1 Original-active フェールオーバーが発生する前に主にアクティブ システムとして使用されるシステム。通常は、プライマリData Mover ActiveMQデーモン、エージェント、およびRESTが存在するサーバー。
DM2 Designated-standby 元のアクティブの動作が停止した場合にアクティブ システムの役割を果たすように割り当てられたスタンバイ システム。DM1サーバーに障害が発生した場合は、このサーバーが次にアクティブになります。当面の間、このシステムでは1つのData Moverエージェントが実行されます。
DM3 その他のエージェント 1つのData Moverエージェントが実行されるサーバー。スタンバイ サーバーではありません。
VP1 元のアクティブ モニター プライマリData Moverモニターが実行するサーバー。このモニターはDM1が正常に実行していることを継続的に確認し、必要に応じてDM2へのフェールオーバーを開始します。
VP2 指定スタンバイ モニター セカンダリData Moverモニターが実行するサーバー。このモニターは、フェールオーバーの発生時のみにアクティブになります。フェールオーバーが発生すると、このモニターはDM2が正常に実行していることを継続的に確認し、必要に応じてDM1へのフェールオーバーを開始します。