17.00 - 依存 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Data Moverの依存関係と互換性の詳細については、<Teradata® Data Mover互換性マトリクス>を参照してください。

必要な権限

Data Moverコンポーネントのインストールと構成を行なうには、ルート ユーザーである必要があります。

Data Moverサーバーで必要なオープン ポート

Data Moverサーバーの受信および送信トラフィック用に、次に示すTCPポートを開く必要があります。
ポート番号 使用者
22 SSH
1025 TPTAPIおよびJDBC
1080 HTTP RESTful API
1443 HTTPS RESTful API
5180および5190 Server Management
9090 DSA RESTful API
25368 アクティブ同期サービス
61616 ActiveMQ

Hadoopサービスにアクセスするための開いているポート

以下に示すポートは、Data Moverが各Hadoopサービスにアクセスできるように開いているデフォルトのHadoopポートです。これらのポートはHadoop上で構成できます。
ポート番号 使用者
9083 Hiveメタストア
10000 Hive JDBC
11000 Oozie
14000 HttpFS
50070 WebHDFS
50111 WebHCat