17.00 - 複数のMulti-Purpose Serverの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

複数のData Mover Multi-Purpose Serverを環境内に置くことで、Teradata Databaseシステムから別のTeradata Databaseシステムにデータをコピーするときのパフォーマンスを向上させることができます。各Data Mover Multi-Purpose Serverで、1つ以上のData Moverコンポーネントを実行することができます。

Data MoverエージェントをData Moverデーモン以外のシステムで実行する必要がある場合は、Data Moverデーモンを実行するサーバーのホスト名を/etc/hostsファイルに公的にアクセス可能なIPアドレスとして解決する必要があります。

追加のData Mover Multi-Purpose Serverでエージェントのみが実行されている場合は、Data Moverデーモンが実行されているData Mover Multi-Purpose Serverと連携するようにサーバーを構成する必要があります。

複数のData Moverエージェントを使用するときは、各Data Moverエージェントが固有のエージェントIDを持つ必要があります。

  1. 次のいずれかの方法で適切なTeradata ActiveMQのbroker url値およびport number値を指定します。
    • Data Mover Multi-Purpose ServerでのData Moverエージェント コンポーネントのインストール時に指定する
    • ActiveMQが実行されているagent.propertiesファイルのbroker.urlおよびbroker.portの変更によるインストールの後に指定する
  2. agent.propertiesファイルのAgent IDプロパティを編集します。
  3. Data Moverエージェント サービスを再起動し、変更を反映します。