17.00 - 例: アクティブ リポジトリとスタンバイ リポジトリの同期 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. DM1とDM2の現在の構成とアクティブなコンポーネントを表示します。
    /opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/dmcluster status
    ここで、パス中のnn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を指します。
    前もって環境を構成していない場合の出力例:
    ERROR: The following error may indicate incorrect configuration of high availability in Data Mover. Check the Data Mover Customer Installation guide for high availability setup
     Cause: java.lang.Exception: The following properties are incorrect:
            The hostname/IP address for local daemon is set to localhost in the properties file
            The hostname/IP address for remote daemon is set to localhost in the properties file
            The hostname/IP address for local monitor is set to localhost in the properties file
            The hostname/IP address for remote monitor is set to localhost in the properties file
            The hostname/IP address for local repository is set to localhost in the properties file
            The hostname/IP address for remote repository is set to localhost in the properties file
            The hostname/IP address for local agent is set to localhost in the properties file
            The hostname/IP address for remote agent is set to localhost in the properties file
    Error running status
  2. 構成プロセス中の自動フェールオーバーを回避するためにVP1およびVP2でData Moverモニタリング サービスを停止します。
  3. アクティブ(DM1)サーバーおよびスタンバイ(DM2)サーバーの両方でジョブが実行されていないことを確認します。
  4. DM1でData Mover同期サービスを停止します。
  5. DM2でData Mover同期サービスを停止します。
  6. DM2でData Moverデーモンを停止します。
  7. DM1でData Moverデーモンを起動します。
  8. backup_daemonコマンドを実行して、アクティブ(DM1)リポジトリのバックアップを作成します。
    バックアップ コマンドを実行すると、アクティブ(DM1)デーモンが一時的にシャット ダウンされます。エラーが発生しないように、コマンドの完了後にバックアップ ファイルを分析することを推奨します。
  9. アクティブ(DM1)サーバーでData Moverデーモンを停止します。
  10. アクティブ(DM1)サーバーのバックアップ ディレクトリをスタンバイ(DM2)サーバーにコピーします。
  11. 復元コマンドを実行するために、スタンバイ(DM2)サーバーでData Moverデーモンを起動します。
  12. スタンバイ(DM2)サーバーのバックアップ ファイルの所有者をdmuserに変更します。
  13. 755権限をスタンバイ(DM2)サーバーのバックアップ ファイルに付与します。
  14. restore_daemonコマンドを実行して、アクティブ バックアップをスタンバイ(DM2)リポジトリに復元します。
    復元が正常に機能することを確認するために、コマンドの完了後にバックアップ ファイルを分析することを推奨します。
  15. アクティブ(DM1)サーバーとスタンバイ(DM2)サーバーに対するData Mover同期サービスの作業ファイルを削除します。
    これらの作業ファイルを削除することで、フェールオーバー構成プロセス時に後で同期サービスを再起動するときに、同期サービスに古い変更が含まれないようにします。
  16. スタンバイ(DM2)サーバーでData MoverデーモンおよびActiveMQを停止します。