17.00 - TPAノードへのBAR NCのインストールおよび構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. 使用しているDSA構成に応じて、以下のいずれかのサーバーでbuild_dsainputsを実行します。
    DSA構成 Server
    バンドルされたDSA Data Moverサーバー
    外部DSA 外部DSCサーバー

    build_dsainputsスクリプトを外部DSCサーバーにコピーし、そこから実行します。スクリプトは、任意のディレクトリにコピーして実行できます。

  2. build_dsainputsツールを使用して、TPAノード用のdsainputsファイルを作成します。
    build_dsainputsツールは、SMPおよびMPPデータベース用の/tmp/dsainputsファイルを作成します。/tmpディレクトリへの書き込みアクセス権を持つユーザーが-uオプションで指定されている場合は、必要に応じてファイルをTPAノードに転送します。秘密鍵を含むIDファイルも-iオプションで指定することができます。
    次の例は、build_dsainputsの実行時にパラメータを指定しなかった場合の出力を示します。
    # ./build_dsainputs
     
    Usage: build_dsainputs -d | -m <media_server_hostname>[,<media_server_hostname>...] | [-i <identity_file> -u <userid>] | [-u <userid>] | -h
     
    Description:
       Run this utility on the DSC server to create /tmp/dsainputs file(s) for the DSC or media server(s).
     
       -d  Creates a /tmp/dsainputs file for the DSC server.
     
       -m  Creates /tmp/dsainputs file(s) for a media server. Run this script one time for each Teradata
           system. Specify 1 host for an SMP System, or a comma separated list for an MPP System. Creates a
           /tmp/dsainputs.<media_server_hostname> file for each host in the list. The /tmp/dsainputs files must be
           copied to ther corresponding host before installing the ClientHandler rpm.
     
           Examples:
             1) ./build_dsainputs -m devsys
     
             Creates /tmp/dsainputs.devsys for SMP system 'devsys'. Copy this files to the corresponding
             database host and rename to /tmp/dsainputs before installing the ClientHandler rpm.
     
             2) ./build_dsainputs -m kiwi1,kiwi2
     
             Creates dsainputs files for a 2 node MPP system with hosts kiwi1 and kiwi2. The following
             files are created: /tmp/dsainputs.kiwi1, /tmp/dsainputs.kiwi2. Copy these files to the
             corresponding database hosts (rename to /tmp/dsainputs) before installing the ClientHandler rpm.
     
           Optionally the /tmp/dsainputs files will be coppied to their respective hosts if either
           the -i or -u options are provided:
     
       -i  (Optional) When used with the -m option this specifies the identify_file (that contains the private key)
           that will be used along with the userid (provided with the -u option) to scp the /tmp/dsainput(s) files
           to their respective hosts. The -u option must be provided when the -i option is included.
     
           Example:  ./build_dsainputs -m kiwi1,kiwi2 -i ./my_identity_file -u ec2-user
     
       -u  (Optional) When used with the -m option this specifies the userid that will be used to scp the /tmp/dsainput(s)
           files to their respective host(s). Note that if you are using this without the -i option and password-less SSH
           is not configured then you will be prompted for a password for each file transfer.
     
           Example:  ./build_dsainputs -m kiwi1,kiwi2 -u root
     
       -h  Displays usage help
    次の例は、4ノード構成のMPPシステムに対してbuild_dsainputsを実行しています。個々のTPAノードにファイルを転送するための-uオプションが指定されています。
    # ./build_dsainputs -m kiwi1,kiwi2,kiwi3,kiwi4 -u root
    Generating /tmp/dsainputs.kiwi1 - copy this file to /tmp/dsainputs on kiwi1 before installing the ClientHandler rpm.
    Generating /tmp/dsainputs.kiwi2 - copy this file to /tmp/dsainputs on kiwi2 before installing the ClientHandler rpm.
    Generating /tmp/dsainputs.kiwi3 - copy this file to /tmp/dsainputs on kiwi3 before installing the ClientHandler rpm.
    Generating /tmp/dsainputs.kiwi4 - copy this file to /tmp/dsainputs on kiwi4 before installing the ClientHandler rpm.
    
    Transferring /tmp/dsainputs file to kiwi1.
    dsainputs.kiwi1                                                                                                                                              100%  349     0.3KB/s   00:00    
    
    Transferring /tmp/dsainputs file to kiwi2.
    dsainputs.kiwi2                                                                                                                                              100%  348     0.3KB/s   00:00    
    
    Transferring /tmp/dsainputs file to kiwi3.
    dsainputs.kiwi3                                                                                                                                              100%  348     0.3KB/s   00:00    
    
    Transferring /tmp/dsainputs file to kiwi4.
    dsainputs.kiwi4 
    • MPPシステムの場合、-mオプションをともなうメディア サーバーにリストされたノードは、各MPPTPAノードから到達できるIPに解決する必要があります。
    • SMPシステムでツールを実行している場合は、ファイル生成および転送メッセージのみが1つのみ表示されます。
  3. TPAノードにDSA ClientHandler RPMをインストールします。
    詳細については、<Teradata®Data Stream Utilityインストール、構成、およびアップグレード ガイド、B035-3153>を参照してください。
    PUTを使用せずコマンド ラインでClientHandlerをインストールする場合は、バンドルされているスクリプトではなくrpm -ivh ClientHandler*.rpmコマンドを使用します。バンドルされているclienthandler_install.shスクリプトをコマンド ラインで使用する場合は、/tmp/dsainputsプロパティ設定は上書きされ、rpm -eを使用してClientHandlerを削除して、ステップ1からやり直し、TPAノードのdsainputsファイルを作成する必要があります。
  4. 以下の手順を実行して、BAR NC TPA ノードのオペレーティング システムを更新します。
    1. BAR NCが実行されているTPAノードで、以下のオペレーティング システムの調整可能パラメータを調整します。
      net.ipv4.tcp_max_syn_backlog to 16384 (default 2048)
      net.core.somaxconn to 16384 (default 128)
    2. TPAノードで次のコマンドを実行し、変更を直ちに実装します。
      # echo 16384 > /proc/sys/net/core/somaxconn
      # echo 16384 > /proc/sys/net/ipv4/tcp_max_syn_backlog
    3. これらのTPAノードでClientHandlerを再起動します。
      # /etc/init.d/clienthandler restart
    4. 次の値を使用してsysctl.confを変更し、起動時に値を永続化します。
      net.core.somaxconn=16384
      net.ipv4.tcp_max_syn_backlog=16384
      これらの変更を実装することにより、DSMainとBAR NC間のネットワーク通信の問題を回避することを推奨します。詳細については、<KB0016835>を参照してください。