JupyterHub | Teradata Vantage - 2.4 - JupyterHub - Teradata Vantage - Teradata Vantage on AWS - Teradata Vantage on Azure - Teradata Vantage on Google Cloud - Teradata Vantage on IntelliFlex

Teradata Vantage™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Vantage
Teradata Vantage on AWS
Teradata Vantage on Azure
Teradata Vantage on Google Cloud
Teradata Vantage on IntelliFlex
Release Number
2.4
Published
2022年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B700-4002-062K-JPN
Language
日本語 (日本)

JupyterHubは、ライブ コード、式、図、説明テキストが入っているドキュメントを、ノートブックを使用して作成および共有できるようにする、オープンソースのWebアプリケーションです。Teradataが提供しているJupyterHub用のSQL拡張機能では以下のことが可能です:

  • データベース オブジェクトを、グラフィカルなユーザー インターフェースで移動
  • クエリーの実行、結果セットの表示、SQL履歴の管理
  • ユーザー エクスペリエンスを改善するマジック コマンド(可視化のためのグラフのマジック コマンド、データをTeradata Vantageにロードするためのデータロードのマジック コマンドなど)の実行
  • SQL構文チェックとコンテキスト依存コードの完全性のための統合Teradata構文解析プログラムの提供

様々なサンプル ノートブックがあり、SQL、Python、Rのコードを実行できるほか、図やグラフの作成も可能です。サンプルのノートブックだけでなく、SQL、Python、Rのノートブックを独自に作成したり、利用中のAmazon S3バケットやAzure Blobストレージ コンテナ、Google Cloud Storageバケットに接続してデータをロードすることもできます。

JupyterHub用のSQL拡張機能はJupyterHubインスタンスにインストールする必要があります。

参照: