Bring Your Own Model | BYOM | Teradata Vantage - 2.4 - Bring Your Own Model (BYOM) - Teradata Vantage - Teradata Vantage on AWS - Teradata Vantage on Azure - Teradata Vantage on Google Cloud - Teradata Vantage on IntelliFlex

Teradata Vantage™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Vantage
Teradata Vantage on AWS
Teradata Vantage on Azure
Teradata Vantage on Google Cloud
Teradata Vantage on IntelliFlex
Release Number
2.4
Published
2022年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B700-4002-062K-JPN
Language
日本語 (日本)

Vantage Bring Your Own Model(BYOM)関数は、サンプル データを使って外部でトレーニングされた予測モデルをVantageからVantageテーブルに提供し適切にスコアリングします。現在利用可能なサポートされているモデル交換形式(PMML、MOJO、およびONNX)を使用して予測モデルを作成または変換し、それをVantageテーブルに格納し、BYOM関数PMMLPredict、H20Predict、またはONNXPredictを使用してモデルをスコアリングします。他のモデル交換形式は2022年に利用可能になる予定です。最新の更新については、downloads.teradata.comを確認してください。