Teradata Vantage 概要 | Teradata Vantage - 2.4 - Teradata Vantage概要 - Teradata Vantage - Teradata Vantage on AWS - Teradata Vantage on Azure - Teradata Vantage on Google Cloud - Teradata Vantage on IntelliFlex

Teradata Vantage™ ユーザー ガイド

Product
Teradata Vantage
Teradata Vantage on AWS
Teradata Vantage on Azure
Teradata Vantage on Google Cloud
Teradata Vantage on IntelliFlex
Release Number
2.4
Published
2022年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B700-4002-062K-JPN
Language
日本語 (日本)

高度な分析と新しいタイプのデータが出現したことで、データ サイエンティストは多様なデータ処理技術を活用する必要に迫られています。これらの技術には、SQLやR、Pythonなどのユーザー言語だけでなく、人工知能、機械学習、グラフ分析といった各種テクノロジも含まれます。

このようなテクノロジを実際に実働環境で使用することには、多大な課題が伴います。例えば人工知能や機械学習の場合、モデル作成前に膨大な量のデータの前処理が必要です。問題は、データが別のシステムにあることが多く、分析時に大量のデータ移動が求められることです。この結果が長時間化とデータの重複です。そしてモデル作成が終わると、データは本番環境のデータベースに戻されます。このプロセス全体が非効率的であり、コストの増加と開発期間の長期化につながっています。

このような課題に対処し、進化した方法で革命的な結果を導き出すために、Teradata ®は高度な分析プラットフォームであるTeradata Vantageを提供しています。

Teradata Vantageはエンタープライズ アナリティクスに向けたコネクテッド マルチクラウド データ プラットフォームです。ユーザーがあらゆる段階で直面する、データに関連する複雑な課題を解決します。最新のアーキテクチャを用い、オープンなエコシステム上に構築されていることから、ビジネス上の成果を得るためだけでなく、データを価値の高い資産の1つに変えるために、幅広い業種のお客様に世界中で使用されています。