17.10 - エラー テーブルおよび作業テーブルの自動生成 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

一部のテーブルはジョブの実行中に作成されますが、その他はジョブの開始前にユーザーが作成する必要があります。 ログ テーブルは、Updateジョブ スクリプト実行時に自動的に作成されます。 ターゲット テーブルは、Updateオペレータ ジョブ実行時にデータベースに存在している必要があります。

エラー テーブルおよび作業テーブルを指定していない場合(指定は任意選択)、Updateオペレータはエラー テーブルおよび作業テーブルの名前を自動的に作成します。

ターゲット テーブルを1つのみ指定する場合は、以下のVARCHAR構文を使用します。

   VARCHAR TargetTable = 'ttname'

複数のターゲット テーブルを指定する場合は、以下のVARCHAR構文も使用できます。

VARCHAR TargetTable = ['table1', 'table2', ..., 'tableN']

必要な場合は、以下のARRAY構文を使用できます。

VARCHAR ARRAY TargetTable = ['table1', 'table2', ..., 'tableN']
配列値の割り当てにおけるARRAYキーワードの使用は任意です。
どちらの場合も、Updateオペレータはターゲット テーブルに関連付けられているエラー テーブルおよび作業テーブルの名前を次のように自動的に作成します。
  • 最初のエラー テーブルはttname_ET
  • 2番目のエラー テーブルはttname_UV
  • 作業テーブルはttname_WT

ttnameは、対応するターゲット テーブルの名前です。

TargetTable属性の値は、ターゲットテーブルの名前に接尾辞"_ET"や"_UV"が追加される前に、データベースがサポートするオブジェクト名の最大文字数から3文字分差し引いた文字数で切り捨てられます。 このことは、TargetTable属性の値が完全修飾されたテーブル名で、その完全修飾名がデータベース オブジェクトがサポートする最大長を超える場合、生成されるエラー テーブルの名前が意図するものにならない可能性があることを意味します。 このような場合、Teradataでは、エラー テーブルおよび作業テーブルの名前を提供し、これらのテーブルの名前を自動的に生成するUpdateオペレータに依存しないことを推奨します。

すでに定義されたターゲット テーブルよりも多くのエラー テーブルまたは作業テーブルは指定できませんが、少なく指定することはできます。

その他のエラー テーブルまたは作業テーブルの指定が存在しない場合に以下が指定される場合、

VARCHAR TargetTable = ['targtable1', 'targtable2', 'thirdtable']

Updateオペレータは以下のエラー テーブルおよび作業テーブルを作成します。

targtable1_ET
targtable1_UV
targtable1_WT
targtable2_ET
targtable2_UV
targtable2_WT
thirdtable_ET
thirdtable_UV
thirdtable_WT

2つのエラー テーブルおよび1つの作業テーブルのセットがそれぞれ特定のターゲット テーブルに属することに注意してください。命名規則によって、ターゲット テーブルに関連するこれらのテーブルの固有性が保たれます。

以下を指定した場合、Updateオペレータは必要であるが存在しないテーブル名を作成します。

VARCHAR TargetTable = ['ttname1','ttname2','ttname3']
VARCHAR ErrorTable1 = ['error_1']
VARCHAR ErrorTable2 = ['error_2']
VARCHAR WorkTable = ['work_1','work_2']

存在するターゲット テーブル名よりも多くのエラー テーブル名または作業テーブル名を指定した場合、Updateオペレータはエラー メッセージを発行して、ジョブを終了します。