17.10 - ODBC初期化ファイルの設定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

ODBCオペレータを使用する前に、プラットフォームでODBC初期化ファイルを設定し、'ODBC Data Sources'でDSN(データ ソース名)が適正なデータ ソースを示すようにする必要があります。

以下はSolarisクライアント システムのODBC.iniファイルの例です。 これは、Teradata、ORACLE、およびSQLServerのデータ ソースのデータ ソース情報を示しています。

[ODBC]
InstallDir=/usr/odbc
Trace=0
TraceFile=/usr/joe/odbcusr/trace.log
TraceAutoStop=0

[ODBC Data Sources]
testdsn=tdata.so
default=tdata.so
Teradata=tdata.so
Oracle=DataDirect 4.10 Oracle
SQLServer Wire Protocol=DataDirect 4.10 SQL Server Wire Protocol

[testdsn]

[default]

[Teradata]

[Oracle]
Driver=/opt/odbc/lib/ivor818.so
Description=DataDirect 4.10 Oracle
LogonID=oracle
Password=oracle
ServerName=DBCName=200.001.001.01
CatalogOptions=0
ProcedureRetResults=0
EnableDescribeParam=0
EnableStaticCursorsForLongData=0
ApplicationUsingThreads=1

[SQLServer Wire Protocol]
Driver=/opt/odbc/lib/ivmsss18.so
Description=DataDirect 4.10 SQL Server Wire Protocol
Database=db
LogonID=uid
Password=pwd
Address=sqlserverhost,1433
QuotedId=No
AnsiNPW=No