17.10 - TDCH-TPTインターフェース経由でのTPTスクリプトにおけるTDCHの利用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • TDCH-TPTインターフェースは、TPTとTDCH間のインターフェースです。 TDCH-TPTインターフェースは、TDCHを拡張し、HadoopのファイルとテーブルをTPTに転送し、またその逆も行ないます。 このインターフェースにより、TPTユーザーは既存のTDCH機能をすべてTPTスクリプトで利用できるようになり、TDCHユーザーはTDCHに加えてTPT固有の機能を利用できるようになります。
  • TPTジョブ スクリプトに、TDCH固有のHadoop属性に加えてDataConnectorオペレータが含まれている場合、DataConnectorオペレータは、TPTスクリプトでサポートされているTDCH固有のHadoop属性を使用してTDCHジョブを起動します。 TDCHが属性値を検証して不足している属性にデフォルト値を入力すると、TDCHはジョブをMapReduceフレームワークにサブミットします。 MapタスクがHadoopクラスタのノードで初期化されると、それらはDataConnectorオペレータに接続し、データの転送を開始します。
  • TDCH-TPTインターフェースはTDCH JARファイルによって異なります。最新の認定TDCH jarファイルはTPTインストールに含まれていて、デフォルトで使用されます。ただし、別のTDCH jarファイルを使用する必要がある場合は、TDCH_JARFILE環境変数に目的のTDCH jarの完全修飾ファイル名を設定することができます。こうすると、デフォルトのTDCH jarファイルでなく、設定したファイルが使用されます。