17.10 - ODBCのTeradata PT Job JCLのセットアップ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter リファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2022-02-11

DB2 ODBCにサブシステムを定義する手順

  • DDNAME "DSNOAINI"で識別される初期化ファイルの共通セクションでMVSDEFAULTSSIDキーワードを指定します。
  • MVSDEFAULTSSIDキーワードが初期化ファイルに存在しない場合、DB2 ODBCはDB2のインストール時に作成されたDSNHDECPロード モジュールで指定したデフォルトのサブシステム名を使用します。

    DSNHDECPロード モジュールは通常、*.SDSNEXITデータ セットにリンク編集されます。以下に例を示します。

    //STEPLIB DD DSN=DSN910.SDSNEXIT,DISP=SHR
    //        DD DSN=DSN910.SDSNLOAD,DISP=SHR

ODBCのTeradata PT Job JCLをセットアップする手順

  • 以下の例のように、DB2ライブラリをJOBLIB/STEPLIBに追加します。
    //JOBLIB DD ( …  )
    //       DD DSN=DB2910.SDSNLOAD,DISP=SHR
  • (オプション)以下の例のように、DB2初期化データセットとTeradata PT jobstep/procstepオーバーライドを追加します。
    //TPT.DSNAOINI DD DSN=DB2910.INIT(DB2INIT)
    
    DB2INIT:
    [COMMON]
    MVSDEFAULTSSID=SSID