17.10 - DECIMALデータの処理規則 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下の規則は、データベース以外(Oracleなど)からDECIMALデータを取得し、データベースに移動する場合、z/OS、UNIX、およびWindowsプラットフォームで実行中のODBCオペレータに適用されます。
  • ソース テーブルとターゲット テーブルの間でprecisionの値が異なる場合、データは実行時にチェックされます。 データが一致しない場合、ジョブは終了します。
  • スケール係数が一致しない場合、以下のいずれかが起こります。
    • ソースのスケール係数がターゲットよりも小さい場合、Teradata PTではこれらのスケール係数が一致するまでソースのスケール係数の末尾に0(ゼロ)を追加してから、ジョブを続行します。

      または

    • ソースのスケール係数がターゲットよりも大きい場合、データが損失する可能性があるため、データの処理を試行する前にジョブが終了します。
  • ソース列がNUMBER (m, n)でターゲット列がDECIMAL (M, N)の場合、ジョブは以下のことを実行します。
    • n>Nの場合、エラーにより終了
    • n<Nまたはn=Nの場合、実行
    • m≤Mである場合、n<Nまたはn=Nと想定して実行
    • m>Mで、n<Nまたはn=Nとみなされる場合、実行を試行