17.10 - Oracle DATEフィールドとのODBCの使用 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporterリファレンス

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年10月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2436-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
ODBCオペレータをz/OS、UNIX、またはWindowsプラットフォームで実行する場合、以下の制限事項が適用されます。
  • TruncateDataフラグがONまたはOFFにかかわらず、ターゲット列がINTDATEまたはANSIDATEにマッピングされると、ODBCオペレータはOracle DateをVantage Dateに切り捨てます。 Oracle Dateを切り捨てない場合は、ターゲット列をTIMESTAMPまたはCHAR(19)にマッピングする必要があります。
  • Oracleの通常の"DATE"フィールドは、VantageのDATEフィールド(ANSIモード)に正しくコピーできません。
  • データベースではない一部のシステムでは、DATE列の型はVantageのANSI日付フィールドと同じではありません。

    例えば、Oracleでは列型DATEは形式YYYY-MM-DD HH:MM:SSの列型DATETIMEと同等です(CHAR(19)と同等)。 Vantage ANSI DATEの形式はYYYY-MM-DDです(CHAR(10)と同等)。