17.20 - ディスク ファイル システムの追加 - BAR - Data Stream Architecture

Teradata® DSA クイック スタート ガイド

Product
BAR
Data Stream Architecture
Release Number
17.20
Published
2021年10月
Content Type
インストール
構成
Publication ID
B035-3156-101K-JPN
Language
日本語 (日本)
ディスク ファイル システムを使用してデータをバックアップして復元する場合は、BARセットアップ ポートレットを使用してディスク ファイル システムを追加して構成する必要があります。
システム名とオープン ファイルの制限は、ターゲット グループの構成中メディア サーバーに関連付きます。
  1. BARセットアップポートレットを開きます。
  2. DSCサーバーで、DSCサーバーを選択します。
  3. カテゴリで、バックアップ ソリューションを選択します。
  4. ソリューションで、ディスク ファイル システムを選択します。
  5. ディスク ファイル システムを確認または追加します。
    1. (オプション)ディスク ファイル システムを追加するには、ディスク ファイル システムの詳細画面で""をクリックします。
    2. ファイル システム名、および次の条件を満たすパスを入力します。
      • ファイル システムパスの全体に、DSCuserによる必要なデータ書き込み権限があります。
      • /storage/mnt1/のようなスラッシュで始まる固有の完全修飾パス名でなければなりません。
      • 大文字と小文字だけでは区別されません。 例えば、/storage/mnt1//storage/Mnt1/の両方を構成できません。
      • スペースを含みません。
      • [Spectrum Protect] ファイル システム名は/Spectrumで始まり、その後にノード名とノード名の管理クラスを続ける必要があります。例: /Spectrum/NodeName/ManagementClass
      複製ターゲット グループによって使用されるディスク ファイル システムのファイルパスは、オペレーショナル ターゲット グループによって使用できず、またその逆もできません。
    3. 許可するオープン ファイルの最大数を入力します。