分析するオブジェクトの編集 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
ワークフローの分析対象となるオブジェクトのスコープを変更できます。このオプションは、分析を開始した後は使用できません。分析は、必要に応じてリセットできます。
  1. オブジェクト ワークフロー タブで、ワークフローを選択します。
  2. 分析セクションで、分析リンクをクリックします。
  3. 分析の範囲の横にある選択したオブジェクトをクリックします。
  4. オブジェクト リストのタイプ リストで、オプションを選択します。
  5. 含めるオブジェクトを選択します。
  6. OKをクリックします。