アクティブなリクエストの測定基準 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
xvu1467243446040
Product Category
Analytical Ecosystem
アクティブなリクエストに対して以下の測定基準を表示できます。
測定基準 説明
アカウント クエリーが実行依頼されたアカウント
ブロック時間 クエリーがブロックされた時間
スナップショットCPUスキュー 最後のサンプリング中のCPUスキュー
CPU時間 クエリーによって消費されるCPU処理時間の量
CPU使用率 前回のサンプリング期間中に使用されたシステム上で使用可能なCPU秒のパーセント
Δ CPU 最後のサンプリング以後に消費された合計CPU使用時間 (秒)
期間 クエリーの実行時間
ホストID セッションのログイン リクエストを処理したPEに関連付けられたホストIDまたはLAN ID
ホットAMPスプール (Teradata Database 16.0以降)クエリーの最もスプール使用率の高いAMPの現在のスプール値。セッションでリクエストが実行されていない場合、値は表示されません。
CPUインパクト 最も使用率の高いAMPに基づくシステム上のCPUの影響。(Teradata Database 15.0以前)スナップショット レベルで計算されます。(Teradata Database 15.10以降)リクエスト レベルで計算されます。
現在状態での継続時間 クエリーが現在の状態になってからの経過時間
スナップショットI/Oスキュー 最後のサンプリング中のI/Oスキュー
Δ I/O 最後のサンプリング以降のI/O数
パーティション クエリーが実行されているパーティション
PJI クエリーでのI/OごとのCPUミリ秒の比率。プロダクトジョイン指標の数値が大きいことは、システム パフォーマンスの低下を示します
プロキシ ユーザー名 (Teradata Database 15.10以降)信頼できるセッションを使用する場合のプロキシ ユーザーの名前
リクエストCPU クエリーの実行に必要なCPU秒
リクエスト数 セッションが実行したクエリーの数
リクエストCPUスキュー 現在のクエリーのCPUスキュー
リクエストI/O クエリーを実行するために実行されたディスクI/O
リクエストI/Oスキュー 現在のクエリーのI/Oスキュー
セッションID セッション固有の識別子
スプール クエリーに必要なスプール領域
スプール スキュー (Teradata Database 16.0以降)クエリーの現在のスプール スキュー。セッションでリクエストが実行されていない場合、値は表示されません。
開始 クエリーがTeradata Databaseで動作を開始した時刻
状態 クエリーの現在の状態を記述するテキスト
状態アイコン クエリーの現在の状態を表わすアイコン
一時領域 クエリーが使用する一時領域
不要I/O指標 すべてのAMP CPUで除算されたすべてのAMP I/O。ミリ秒単位で表示され、短時間に大量のI/Oが発生していることがわかります。
ユーザー名 クエリーを実行依頼したユーザーの名前
仮想パーティション (SLES 11)ワークロードが属する仮想パーティションの名前
ワークロード クエリーが属するワークロード