ポートレット ライブラリ - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
xvu1467243446040
Product Category
Analytical Ecosystem

ポートレット ライブラリを使用して、ポートレットをグローバルに有効または無効にします。ポートレットがロールに対して有効になっている場合でも、そのロールのユーザーがポートレットにアクセスするには、ポートレット ライブラリでポートレットを有効にする必要があります。

ポートレット タブには、インストール済みのポートレットがカテゴリ別に表示され、次の情報が示されます。
  • ポートレット名
  • バージョン番号
  • 公開元の名前
  • バンドル名
  • インストールの日付
  • ポートレットの説明

共有ポートレット タブには、共有ポートレットの情報が表示されます。共有ポートレットは、ユーザー定義版のポートレットです。親ポートレット列は、共有ポートレットとしてカスタマイズされる前の、元のポートレットを識別します。ポートレットの名前や説明は編集可能です。ポートレットは削除することもできます。共有ポートレットのアクセス権は、ロール マネージャを使用して編集できます。

Webサービス タブには、インストール済みのWebサービスに関する情報が表示され、次の情報が示されます。
  • バージョン番号
  • 公開元の名前
  • バンドル名
  • インストールの日付
  • Webサービスの説明
JWTのVantageとの統合が有効になっている場合(バージョン16.50.05.00以降)、ユーザー管理Webサービスはリストされません。