状態別のクエリー セッションの値の設定 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
状態の詳細設定は、既存のクエリー セッションに追加するか、クエリー セッションを作成するときに追加します。

状態ごとにセッション制限を指定することによって、デフォルトを上書きすることができます。例えば、高トラフィック状態の間はセッション制限を設け、低トラフィック状態の間はセッション制限なしにすることができます。状態別のクエリー セッション タブで、作成されたクエリー セッションをすべて表示します。

  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、セッションをクリックします。
  3. クエリー セッション タブをクリックします。
  4. クエリー セッションを選択または作成します。
  5. 状態の詳細設定タブをクリックします。
  6. 状態の横にあるをクリックします。
  7. 状態の詳細設定の作成を選択します。
  8. 無制限を選択するか、ボックスにセッション制限を入力します。
  9. OKをクリックします。
    ここで行った選択は、指定した状態の各セルに適用され、デフォルトの設定で指定された設定より優先されます。
  10. (オプション)無制限を選択するか、ボックスにセッション制限数を入力して、デフォルトの設定を変更します。
  11. Save(保存)をクリックします。