Teradata Databaseのトレンド表示の変更 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
Teradata Databaseのトレンド ビューの表示内容は変更できます。
  1. トレンド ビューで、次のいずれかをタップします。
    オプション 説明
    CPU
    ツールチップ内容は、Viewpointモバイルのビューには適用されません。
    平均ノードCPU使用率の割合を表示します。CPUは、CPUユーザーとCPUシステムの合計として計算されます。
    エラスティックTCoreが有効になっているIFX 2.1以降のシステムのツールチップ内容:
    • TDEnabledCPUs % (NCPUの内): CPU総数に占めるTeradataで有効なCPUの割合
    • MaxTCore: システムがサポートする最大TCore
    • CurrentTCore: システムで現在有効なTCore設定
    ENABLED CPU
    Viewpointモバイルのビューでは、この測定基準は現在利用できません。
    エラスティックTCoreが有効になっているIFX 2.1以降のシステムで有効なCPUに基づくCPU使用率を表示します
    ツールチップ内容:
    • MaxTCore: システムがサポートする最大TCore
    • CurrentTCore: システムで現在有効なTCore設定
    AWT 各AMPで使用されているAMPワーカー タスクの平均個数を表示します。
    I/O ディスクI/Oの数を表示します。I/O は、サンプリング期間中のシステムあたりの物理ディスク読み取り数および書き込み数の合計として計算されます。
    選択された測定基準を表わすようにグラフが変化します。