ワークロード スロットルの作成 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
B035-2206
Product Category
Analytical Ecosystem
ワークロードをワークロード ビューで作成または編集するときのワークロードのスロットルを定義します。ワークロードのスロットルを設定するとき、このワークロードに分類されるどのクエリーに対しても、作成するスロットルが設定されます。
  1. ルールセットを編集または作成します。
  2. ルールセット ツールバーから、ワークロードをクリックします。
  3. ワークロードを編集または作成します。
  4. スロットル タブをクリックします。
  5. デフォルトの設定の下で、次のいずれかを実行します。
    同時並行性の上限 説明
    無制限 同時並行性の上限で、無制限を選択します。
    制限
    1. 同時並行性の上限で、同時並行性の上限の数値をボックスに入力して、遅延または拒否を選択します。
    2. (オプション)遅延を選択しており、SLES 11 EDWシステムがあり、Teradata Database 16.0以降を使用している場合、Flexスロットルの有効化を選択してワークロードにflexスロットルを適用できます。
    同時並行性の上限で、同時並行性の上限の数値をボックスに入力して、遅延または拒否を選択します。
  6. (オプション)状態のデフォルト設定をオーバーライドするには、次の手順を実行します。
    1. 状態名の横にあるをクリックします。
    2. 状態の詳細設定の作成を選択します。
    3. この状態の同時に実行するクエリーを制限しない場合は、同時並行性の上限の下の無制限を選択します。
    4. この状態の同時に実行するクエリーを制限する場合は、ボックスに同時並行性の上限の数値を入力し、遅延または拒否を選択します。
    5. (オプション)遅延を選択しており、SLES 11 EDWシステムがあり、Teradata Database 16.0以降を使用している場合、Flexスロットルの有効化を選択して、ワークロードがその状態にあるときflexスロットルを適用できます。
    6. OKをクリックします。
  7. (オプション)ワークロードがワークロード グループ スロットルのメンバーである場合、グループ スロトットル、およびそのグループのメンバーである各ワークロードのスロットル制限を表示します。
  8. Save(保存)をクリックします。