SLG層およびタイムシェア ワークロード情報の理解 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
xvu1467243446040
Product Category
Analytical Ecosystem

システム ワークロード レポート(SLES 11のみ)

システム ワークロード レポート(ワークロード配分タブからアクセス)には、補足的なSLG層とタイムシェア ワークロード情報が表示されます。このレポートは、SLG層とタイムシェア ワークロードのリソース割り当ての割合を示します。レポートの値は戦術的ワークロードのアクティビティに基づきません。

次の列が表示されます。

ワークロード
戦術的なワークロードを除くワークロードを名前別に表示します。
仮想パーティション
各ワークロードが属する仮想パーティション。
各ワークロードが属する層。タイムシェア ワークロードに以下の命名規則を使用することで、並べ替えの結果を向上させることができます。
  • TS1 = トップのタイムシェア
  • TS2 = 高いタイムシェア
  • TS3 = 中程度のタイムシェア
  • TS4 = 低いタイムシェア
層の割合(%)
各ワークロードで使用可能な、層リソースの100%のうちのリソースの割合(%)。
システムの割合(%)
各ワークロードで使用できる、100%のシステム リソース総数に占めるリソースの割合。この割合は、WM CODへの追加または変更によって変わります。
システムの割合(%)
システムの割合(%)列の値を示す棒グラフ。バーの目盛りは、最大パーセントの層の相対値です。最大パーセントのバーは列の前幅を使用して示されます。
WM CODの割合(%)
WM CODによって使用可能になる量の中のリソースの割合。この設定は、WM CODが導入されたとき、またはWM CODが変更されたときでも変わりません。
WM CODが100%に設定されている場合、WM CODの割合情報はシステム ワークロード レポートに表示されません。


フィルタとテーブル アクション

フィルタ
フィルタ条件に一致する行のみを表示します。もう一度クリックすると並べ替えの順序が逆になります。2つの列で連続的に並べ替えるには、最初の列を並べ替え、2番目の列の列見出しでCtrl+クリックを一度使用します。Ctrl+クリックを一度使用すると、セカンダリの並べ替え順序が設定されます。プライマリの並べ替え順序が一重矢印で示され、セカンダリの並べ替え順序が二重矢印で示されます。

レポートを開くと、デフォルトでは第1の昇順は仮想パーティション列、第2の昇順は列が表示されます。第2の並べ替え順の列は、第1または第2の並べ替え列を変更すると削除されます。変更後、第2の並べ替え順が削除されたことを示す一重矢印が表示されます。

テーブル アクション
  • フィルタのクリアはフィルタ ボックスのすべてのコンテンツを削除します。
  • エクスポートでは、使用可能なすべてのデータを含む.csvファイルが作成されます。

詳細については、サマリー テーブルのコントロールを参照してください。

ワークロード分散ビューのバルーン

ワークロード配分ビューでワークロードまたは未割り当てのリソースにマウスのカーソルを重ねると、情報バルーンが表示されます。

ワークロード バルーンでは、ワークロードで使用可能なリソースについての情報が示されます。

層の割合(%)
そのワークロードで使用可能な、層リソースの100%のうちのリソースの割合(%)
システムの割合(%)
そのワークロードで使用できる、100%のシステム リソース総数に占めるリソースの割合。この割合は、WM CODへの追加または変更によって変わります。
WM CODの割合(%)
WM CODによって使用可能になる量の中のリソースの割合。この設定は、WM CODが導入されたとき、またはWM CODが変更されたときでも変わりません。
ハード リミット
このワークロードに許可されたシステム リソースの最大パーセントで、リソースの使用量が割り当てられた量を超えたり、下位の層およびワークロードからシステム リソースを奪うのを防ぎます。
SLG上限値
SLG上限値がワークロードに対して有効かどうかを示します。この情報は、この機能が有効な場合にのみバルーンに表示されます。

未割り当てのリソースのバルーンには、下位の層とタイムシェア ワークロードで使用可能なリソースに関する情報が表示されます。

層の割合(%)
下位の層またはタイムシェアのワークロードで使用できる、ワークロードに割り当てられていない、100%中の層リソースの割合。SLG層ワークロードによって、タイムシェア ワークロードのリソースがすべて奪われることがないように、層リソースの10パーセントは常に予約されています。
システムの割合(%)
下位の層またはタイムシェアのワークロードで使用できる、層内で割り当てられていないシステム リソースの割合
WM CODの割合(%)
WM CODによって使用可能になっている量に占めるリソースの割合(下位の層またはタイムシェアのワークロードで使用でき、層内で割り当てられていない)