測定値の分析の概要 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
xvu1467243446040
Product Category
Analytical Ecosystem

測定値の分析ポートレットでは、1つ以上のシステムのリソース使用状況の傾向を分析できます。傾向は、指定された時間枠のCPU、メモリ、およびスループットなどの測定基準に従ってグラフにプロットされます。この情報は60秒ごとに更新されます。

測定値の分析ビューにはグラフが表示されます。横軸は時刻、縦軸は測定基準の値を示し、測定基準のプロット線ごとに異なる色が付いています。 プロット線は、平均測定基準値を線で表示します。また、実際、最小、および最大の測定基準値を示すパフォーマンス包絡線や情報バルーンなどの強化された対話機能を含んでいます。時間枠の選択リストを使用すると、直近1時間の最新の使用率をモニターし、また直近の24時間、1週間、1ヶ月、3ヶ月、または6ヶ月の使用量のトレンドを表示できます。
すべての測定基準がこれらの機能をすべて表わすわけではありません。完了したジョブ、完了したアプリケーションなどの累積測定基準は、パフォーマンス包絡線、最小値および最大値、または平均値を表わしません。

設定ビューでは、表示する測定基準を選択して表示用に構成し、しきい値を設定し、測定基準ごとに縦軸範囲を調整することができます。