Teradata Alertsの統合の概要 - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
xvu1467243446040
Product Category
Analytical Ecosystem

Teradata AlertsはTeradata Viewpointサーバーに含まれている複数のコンポーネントで構成されます。Teradata Alertsは、WindowsおよびLinuxの通知サービスを使用してBTEQスクリプトおよび実行可能プログラムを実行することもできます。


Teradata Alertsコンポーネントとサーバーの統合

キャッシュDB
Teradata Viewpointサーバーによって使用されるローカル レポジトリ インスタンス。Cache DBは、アラート サービスによって使用される発行設定およびアクション セットの定義を格納します。
ポートレット
アラートの構成にはアラート セットアップ ポートレットが使用されます。
アラート ビューア ポートレットは、ログされたアラートを表示します。
メッセージング サービス
ソフトウェア コンポーネント間のメッセージ交換を可能にするJava Message Serviceプロバイダ (Apache ActiveMQ)。
アラート サービス
アラートを処理するJavaデーモン。
通知サービス
BTEQスクリプトおよび実行可能プログラムを実行して、生成されたアラートにアクティブに応答できるサービス。提供するWindowsまたはLinuxサーバーで、このサービスをアクティブ化する必要があります。