Teradata Databaseの概要ビュー - Teradata Viewpoint - Teradata Workload Management

Teradata® Viewpoint ユーザー ガイド

Product
Teradata Viewpoint
Teradata Workload Management
Release Number
17.10
Published
2022年2月
Language
日本語
Last Update
2022-07-01
dita:mapPath
ja-JP/lks1628075605455.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tky1501004671670.ditaval
dita:id
xvu1467243446040
Product Category
Analytical Ecosystem

概要ビューには、選択したセッションおよびそのクエリーの重要な測定基準についての 詳細情報が表示されます。測定基準値により システムのクエリー状態がわかります。

クエリーの情報

クエリーの情報 説明
状態 ACTIVE、BLOCKED、TERMINATEなどのクエリーの状態
現在状態での継続時間 クエリーが現在の状態にある時間(hh :mm :ssとして表示)
総継続時間 実行依頼されたクエリーの実行にかかった経過時間の合計
スプール領域 クエリーが使用しているスプール領域のサイズ
ホットAMPスプール (Teradata Database 16.0以降)クエリーの最もスプール使用率の高いAMPの現在のスプール値。セッションでリクエストが実行されていない場合、値は表示されません。
スプール スキュー (Teradata Database 16.0以降)クエリーの現在のスプール スキュー。セッションでリクエストが実行されていない場合、値は表示されません。
一時領域 クエリーが使用している一時領域のサイズ
リクエストCPU クエリーの実行に必要な総CPU秒
CPUインパクト 最も使用率の高いAMPに基づくシステム上のCPUの影響。(Teradata Database 15.0以前)スナップショット レベルで計算されます。(Teradata Database 15.10以降)リクエスト レベルで計算されます。
リクエストI/O 実行されたディスクI/Oの合計数
リクエストCPUスキュー (Teradata Database 15.10以降)現在のクエリーのCPUスキュー
リクエストI/Oスキュー (Teradata Database 15.10以降)現在のクエリーのI/Oスキュー
PJI クエリーでのI/OごとのCPUミリ秒の比率。プロダクトジョイン指標の数値が大きいことは、システム パフォーマンスの低下を示します
不要I/O指標 すべてのAMP CPUで除算されたすべてのAMP I/O。ミリ秒単位で表示され、短時間に大量のI/Oが発生していることがわかります。
インポートされたリモート データ (Teradata Database 15.0以降)このクエリーのためにリモート サーバーからインポートされた総バイト数
リモートでエクスポートされたデータ (Teradata Database 15.0以降)このクエリーのためにリモート サーバーからエクスポートされた総バイト数

スナップショット情報

スナップショット情報 説明
CPU使用率 前回のサンプリング期間中に使用されたシステム上で使用可能なCPU秒のパーセント
CPUインパクト (Teradata Database 15.0以前)最も使用率の高いAMPに基づくシステムへのCPUの影響
スナップショットCPUスキュー 最後のサンプリング中のCPUスキュー
スナップショットI/Oスキュー 最後のサンプリング中のI/Oスキュー

ワークロード情報

ワークロード情報 説明
名前 クエリーがアクティブに実行しているワークロードの名前
メソッド SLES 11のワークロード管理メソッドの名前。使用可能な値は、次のとおりです。
  • 戦術的
  • SLG層(IWMシステムでは使用されない)
  • タイムシェア
CPUの低下 SLES 11のタイムシェア ワークロードのクエリーに対するCPUリソース アクセス制限の最も厳しいレベル
CPU例外ノード SLES 11の戦術的なワークロードのセッションの戦術的なCPU時間例外基準を超えたノードの数
分類モード クエリーまたはセッションをワークロードに割り当てる方法。使用可能な値は、次のとおりです。
  • 自動-クエリーは、TASMによって自動的に割り当てられます。
  • リクエスト-クエリーは、ワークロードの変更を使用してワークロードに手動で割り当てられます。
  • セッション-セッションで開始されたクエリーは、ワークロードの変更を使用してワークロードに手動で割り当てられます。

DBC/SQLセッションではない場合、またはTeradataワークロード管理カテゴリ3が無効になっている場合は、このフィールドは空です。

仮想パーティション SLES 11の仮想パーティションの名前
I/Oの低下 SLES 11のタイムシェア ワークロードのクエリーに対するI/Oリソース アクセス制限の最も厳しいレベル
I/O例外ノード SLES 11の戦術的なワークロードのセッションの戦術的なI/O使用量例外基準を超えたノードの数

セッション情報

セッション情報 説明
ユーザー クエリーを実行依頼したユーザーの名前
プロキシ ユーザー名 (Teradata Database 15.0以降)信頼できるセッションを使用する場合のプロキシ ユーザーの名前
アカウント クエリーを実行依頼したユーザーのアカウント
ソース アプリケーション名、IPアドレス、およびホスト ユーザー名のようなソースの詳細
パーティション クエリーが実行されているパーティション
リクエスト セッションが実行依頼したクエリーの数
適用時刻のリクエスト クエリーがシステムに適用された時刻のタイムスタンプ