16.20 - ジャーナルを持たないデータベースのすべてのテーブルのコピー - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. ジョブ定義を編集します。
  2. XMLファイルでdatabase要素の子として文字列<journaling>false</journaling>を追加し、ソースに関連付けられたジャーナルを使用せずにデータベースのすべてのテーブルをソースからターゲットへコピーします。
    次の例では、ソース データベースDBName内に関連付けられたジャーナルを持つすべてのテーブルは、ジャーナルを持たないターゲット データベースDBName_2にコピーされます。
    <database selection="included"> 
    	<name>DBName</name>
     <target_database>
      <name>DBName_2</name>
     </target_database>
     <journaling>false</journaling>
    </database>

    デフォルトでは、ターゲットに1つまたは複数のソース テーブルをコピーする時に、Data Moverはジャーナル属性をコピーします。オプションでxmlに<journaling>true</journaling>を指定することができます。

    xml内でjournaling要素がデータベース レベルで指定されている場合、journaling要素をテーブル レベルで指定することにより、データベース内のテーブルに対する要素を上書きすることができます。次の例では、データベースDBName内のすべてのテーブルは、ジャーナル属性のないターゲット上で作成されますが、テーブルDBName.AccountsおよびDBName.Ordersは、ジャーナル属性を持つデータベースDBName内で作成されます。
    <database selection="included"> 
    	<name>DBName</name>
     <journaling>false</journaling>
     <table selection="included">
    		 <name>Accounts</name>
       <journaling>true</journaling>
     </table>
     <table selection="included">
    		 <name>Orders</name>
       <journaling>true</journaling>
     </table>
    </database>
    データベース レベルでのjournalingオプションは、データベース全体がターゲットにコピーされない場合は無視されます。