16.20 - 関数エイリアス オブジェクトのコピーについて - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数エイリアス(別名、関数マッピング)を使用すると、外部関数オブジェクトまたは外部サーバーに対する簡単な別名を作成できます。関数エイリアスは、SQL文のエイリアスと異なります。SQL文のエイリアスは一時的な名前ですが、関数エイリアスはデータベース内の新しいパラメータ オブジェクトになります。関数エイリアスを使用すると、実行中の外部関数に対して名前や場所などの詳細が隠されます。

Data Moverは、関数エイリアス機能をサポートするTeradataシステム間で関数エイリアス オブジェクトをコピーすることができます。コピーする前に、関数エイリアス オブジェクトの定義に含まれているすべての従属オブジェクトが、ターゲット システム内に存在していることを確認してください。関数エイリアス オブジェクト内のすべての従属オブジェクトがターゲット システム内にあることは、Data Moverでは検証されません。

関数エイリアス オブジェクトをコピーするには、次のパラメータを使用します。
パラメータ 説明
名前 関数エイリアス オブジェクトの名前。
データベース 関数エイリアス オブジェクトが存在する場合は、所有者またはデータベースの名前。

要件および制限

  • DDLに対してSHOW FUNCTION MAPPINGを実行するには、Data Moverジョブ ユーザーにソース システム内の関数エイリアス オブジェクトに対するACCESS権限を付与する必要があります。また、ターゲット システム内にDROPおよびCREATE関数のエイリアス オブジェクトが必要です。この条件を満たさない場合は、実行時にジョブが失敗します。
  • 関数エイリアス オブジェクト内のすべての従属オブジェクトが、ターゲット システム内に存在する必要があります。そうでない場合は、実行時にジョブが失敗します。Data Moverは従属オブジェクトの有無を検証しません。
  • ソースとターゲットの両方のTeradata Databaseシステムで、バージョンが16.20 Feature Update 1以降である必要があります。
  • Data Moverでサポートされるのは、関数エイリアス オブジェクトのコピーのみです。名前変更や、別のターゲット データベースへのオブジェクトの再配置はサポートされていません。
  • 関数エイリアス オブジェクトをコピーするには、ARC、DSA、TPT、またはJDBCを使用します。
  • ARCまたはDSAを使用してデータベース全体をコピーすると、データベース内の関数エイリアス オブジェクトもコピーされます。
  • Data Moverは、関数エイリアス オブジェクトDDLの構文解析を行ないません。同じソースDDLがターゲット システムで実行されます。

次の例では、データベースTD_SERVER_DB内の外部サーバー用の関数エイリアス オブジェクトDDLを示します。関数エイリアス オブジェクト機能の詳細については、Teradata Databaseのドキュメントを参照してください。

CREATE FUNCTION MAPPING myDB.FAObjForForeignSer FOR TD_SERVER_DB.td_conn_get_supp_version SERVER TD_SERVER_DB.MyForeignServerObject;