16.20 - ユーザーのリソース使用の制限 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Moverジョブを作成し実行する複数のユーザーには、リソース不足を回避するために各ユーザーがどのリソースを使用できるかを管理することが重要です。 ユーザーのリソースを制限するには、次の手順を実行します。 以下のようにジョブ設定の権限を使用します。
  • 各ユーザーまたはロールが使用できるユーティリティを制限します。 JDBCまたはTeradata PT API Streamのような、低速でリソースをあまり必要としないユーティリティの使用をユーザーに強制します。 Teradata PT API LoadやUpdateのようなロード スロットを必要とするユーティリティを特定のユーザーが使用することを防ぎます。
  • 各ジョブに対して指定できるデータ ストリームの数を制限します。各データ ストリームは、Data Moverエージェントで実行される一連の新しいプロセスです。1人のユーザーがあまりにも多くのデータ ストリームを使用して、他の作業の処理速度が遅くなってしまうことを防ぎます。

詳細については、権限節の「ジョブ設定の権限」を参照してください。