16.20 - encrypt_password - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

encrypt_passwordコマンドは、コマンドラインでパラメータとして入力されたパスワード、対話式で入力されたパスワード、または特定の形式を使用してXMLファイルを介して入力されたパスワードから、暗号化されたパスワードを作成します。生成されたパスワードは、createコマンドとmoveコマンドを使用するときに、-source_password_encryptedまたは-target_password_encryptedの値として使用できます。

構文

http://schemas.teradata.com/unity/DataMover.xsdを参照してください。

パラメータ

パラメータの順序を参照してください。

broker.port
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカー ポートを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: 61616
broker.url
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカーURLを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: dm-server1
dir
(オプション) Data Moverが暗号化されたパスワード ファイルを格納するディレクトリの名前。ファイル名を指定せずディレクトリだけ指定すると、コマンドは暗号化されたパスワードを標準出力に返します。
例: /home/.dmauth
filename
(オプション) Data Moverが暗号化されたパスワードを書き込むXMLファイルの名前。
例: apw.xml
password
暗号化するパスワード。 コマンドラインでパスワードを入力しないと、コマンドはパスワードを対話的に入力するように要求します。 パスワードを対話的に入力する場合、入力内容は、パスワードの長さにかかわらず一連のアスタリスクで隠されます。
例: 73r4|)474

XMLファイルの例

encrypt_passwordコマンドとXMLファイルを使用して暗号化されたパスワードを生成するには、datamove encrypt_password -f pw_parameters.xmlと入力します。

セキュリティの理由から、パスワードをプレーンテキスト形式で指定することや、パスワードをファイルに格納することは、推奨されません。pw_parameters.xmlなどの暗号化されたパスワード ファイルは、プレーンテキスト形式のパスワードをファイルに保存せずに作成できます。次の例では、<password>タブに値は指定されていません。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<dmGetEncryptedPassword xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009" 
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
    <password></password>
    <dir>/home/.dmauth</dir>
    <filename>apw.xml</filename>
</dmGetEncryptedPassword>
Data Moverは、パスワードの入力を要求し、暗号化されたパスワードを/home/.dmauth/apw.xmlに書き込みます。
/home/.dmauth/apw.xml
---------------------
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<dmGetEncryptedPasswordOutput xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    dmVersion="13.10.00.00"
    xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
    <password_encrypted>6683562fc7324fa8e49573c97ea9d4f76b6333f0749caa3a207c01f492231c8b</password_encrypted>
</dmGetEncryptedPasswordOutput>
pw_parameters.xmlファイルの次の例では、すべてのタグに値が示されています。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<dmGetEncryptedPassword xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009" 
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
    <password>73r4|)474</password>
    <dir>/home/.dmauth</dir>
    <filename>apw.xml</filename>
</dmGetEncryptedPassword>
Data Moverは、暗号化されたパスワードを/home/.dmauth/apw.xmlに書き込みます。