16.20 - ジョブ優先順位の更新 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

コマンド ラインで直接ではなく、parameters.xmlファイルのみを使用して、キュー内のジョブに対するジョブ優先順位を更新することができます。例えば、ジョブAとBがキューで待機中で、ジョブBを最初に実行する場合、Bの優先順位をHIGH、Aの優先順位をMEDIUMに設定します。

セキュリティが有効な場合、ユーザーの権限にキュー内のジョブの優先順位を変更するジョブの優先順位の変更が含まれている必要があります。
  1. Data Moverコマンドライン プロンプトでdatamove update_job_priorities -f parameters.xmlを入力します。parameters.xmlファイルにより更新対象となる各ジョブに対する新規優先順位が識別されます。
update_job_prioritiesの出力には、正常に更新されたジョブを識別するリスト(success_list)、理由によって失敗したジョブを識別するリスト(failed_list)の2つのリストが含まれます。