16.20 - ロギング レベル - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

コマンドライン インターフェースを介して起動するジョブのロギング レベルを制御できます。コマンドライン インターフェースの場合は、createおよびmoveコマンドの-log_levelパラメータを使用します。標準動作時はログ レベル0または1を使用することを推奨します。

コマンドライン インターフェース 説明 詳細
0 x ロギングを無効にします。これは、createおよびmoveコマンドの -log_levelパラメータのデフォルト値です。
  • ジョブが正常に完了した場合、ログは削除されます。

    正常に完了したジョブのユーティリティ ログは、statusコマンドで表示できません。

  • ジョブが失敗した場合、ログは削除されません。

    失敗したジョブのログはstatusコマンドで表示できます。

  • DSAジョブの場合、これはDSMAINエラー ロギング レベルのデフォルトになります。DSMAINログは、ソースおよびターゲット データベースの/var/opt/teradata/tdtemp/barディレクトリにあります。
1 x 詳細ロギングを有効にします。
  • 正常に完了したジョブまたは失敗したジョブのログは、statusコマンドで表示できます。
  • DSAジョブの場合、これはDSMAINエラー ロギング レベルを有効にします。DSMAINログは、ソースおよびターゲット データベースの/var/opt/teradata/tdtemp/barディレクトリにあります。
2 x Teradata ARCでVERBOSEオプションを設定することで、Teradata ARCを使用するコマンドライン インターフェース ジョブの追加ロギングを有効にします。
  • 正常に完了したジョブまたは失敗したジョブのログは、statusコマンドで表示できます。
  • DSAジョブの場合、DSMAIN情報ロギング レベルを有効にします。DSMAINログは、ソースおよびターゲット データベースの/var/opt/teradata/tdtemp/barディレクトリにあります。
    • DSAジョブ定義は、Data Moverエージェント ログにJSONとして記録されます。
99 x 最大ロギングを有効にします。
  • TPT APIの場合は、オペレータ ログとデータ ストリーム ログの両方が/var/opt/teradata/datamover/logs/temp/task XXX YYYYディレクトリに送信されます。XXXXはジョブID、YYYYはタスクIDです。
  • ARCジョブの場合は、VERBOSE3オプションを設定します。
  • DSAジョブの場合は、DSMAIN DEBUGロギング レベルを有効にします。DSMAINログは、ソース データベースおよびターゲット データベースの/var/opt/teradata/tdtemp/barディレクトリの下にあります。
  • 正常に完了したジョブまたは失敗したジョブのログは、statusコマンドで表示できます。
  • 非常に詳細なデバッグ情報が必要なときに、Teradata技術サポート担当者の指導のもとでのみログ レベル99を使用してください。
  • 最大ロギングを有効にした場合、Data Moverはタスクを実行するData Moverエージェント サーバーに一時ディレクトリを作成します。これらのディレクトリは自動的に削除されません。これらが不要になったら、/var/opt/teradata/datamover/logs/temp内のtask_XXXX_YYYYディレクトリを削除します。
  • DSAジョブの場合、DSAジョブ定義はData Moverエージェント ログにJSONとして記録されます。