16.20 - backup_daemon - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

backup_daemonコマンドを使用して、Data Moverデーモンのリポジトリ ファイルと構成ファイルをディレクトリにバックアップできます。その後、restore_daemonコマンドを使用してバックアップ ファイルを復元できます。Data Moverバージョン16.20.25.00以降を実行する場合は、restore templateスクリプトを使用してバックアップ済みのファイルを復元するオプションがあります。Data Moverデーモンは、backup_daemonコマンドを実行しても停止しませんが、restore_daemonコマンドを実行するとデーモンが停止し再起動します。バックアップの実行に使用するTeradataARCスクリプトの結果は、バックアップ ディレクトリのbackup_script.outputログ ファイルに書き込まれます。
Data Moverバージョン16.20.25.00以降から、backup_daemonコマンドを使用すると3つのテンプレート スクリプトが生成されます。リポジトリ復元のためにデーモンが実行状態にある必要があるrestore_daemonとは異なり、これらの復元スクリプトではrestore templateスクリプトとともに使用して、デーモンを実行せずにリポジトリを復元できます。
  • launchScript_restore_template.bat
  • arcScript_restore_template.scr
  • restore_tempate_readme.txt

リポジトリの復元方法の説明については、restore_template_readme.txtファイルを参照してください。

構文

パラメータ

パラメータの順序を参照してください。

backup_target_dir
[オプション]Data Moverがバックアップ ファイルを書き込むディレクトリ。この格納場所は次のいずれかで指定できます。
  • daemon_backupディレクトリからの相対パス。これは、すべてのバックアップ スナップショット用に予約されているディレクトリです。

    daemon_backupは、システムにあるData Moverデーモンのインストール場所のサブディレクトリです。デフォルトのディレクトリは、/opt/teradata/datamover/daemon/nn.nnです。

  • 絶対パス。 これは、dm_userが書き込み権限を持つ、システム上の任意の場所です。代表的なものに、/tmp/var/opt/teradata/datamover/daemon_backup/homeなどがあります。 backup_daemondm_userアカウントで実行されます。
broker.port
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカー ポートを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: 61616
broker.url
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカーURLを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: dm-server1
security_password
(オプション)スーパー ユーザーまたは許可されたViewpointユーザーのパスワード。
例: 53cUr17y
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。 -security_password_encryptedも指定されている場合は、無効なパラメータになります。
security_password_encrypted
(オプション) スーパーユーザーの暗号化されたパスワード。
例: 052c7aabd14c7770141ac3c0137ab98ae0d3f0f7cddf588981206b010c0c1b2f
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。 -security_passwordも指定されている場合は、無効なパラメータになります。
security_username
(オプション)スーパー ユーザーまたは許可されたViewpointユーザーのユーザーID。スーパーユーザーのユーザーIDはdmcl_adminで、変更できません。
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。

使用上の注意

  • 相対パスとしてrepos_bu001を入力した場合、Data Moverはバックアップ ファイルを/var/opt/teradata/datamover/daemon_backup/repos_bu001に書き込みます。相対パスを指定するときは、先頭にスラッシュを使用しないでください。
  • 絶対パスとして/home/myhome/repos_bu001を入力した場合、dm_userが、このパスに対する書き込み権限を持っている場合、Data Moverは、バックアップ ファイルを/home/myhome/repos_bu001に書き込みます。絶対パスを指定するときは、常に先頭にスラッシュを使用します。
  • バックアップ用のディレクトリを指定しない場合、Data Moverはdaemon_backupの下にdm_hostname_nn.nn.nn.nn_YYYY-MM-DD_HH.mm.ss形式のディレクトリを作成します。この形式は、dm、リポジトリのhostname、Data Moverversion、バックアップの日付とタイムスタンプで構成されます。例えば、2015年12月3日にホスト名myhostとData Moverバージョン16.20.23.00で午前2時に発生するバックアップは、dm_myhost_16.20.23.00_2015-12-03_02.00.00のディレクトリに書き込まれます。
  • 次のシナリオはエラーになります。
    • backup_daemonコマンドの起動時にジョブが実行されている
    • 絶対パスを指定したが、dm_userにそのパスに対する書き込み権限がない

XMLファイルの例

backup_daemonコマンドの場合は、datamove backup_daemon -f parameters.xmlと入力します。

次の例では、parameters.xmlでバックアップ ディレクトリが指定されていないため、バックアップはシステムのData Moverデーモンのインストール場所を基準にしてdaemon_backupのディレクトリに書き込まれます。ディレクトリ名は、バックアップのタイムスタンプに基づいたものになります。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
 <dmBackupDaemon xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
 </dmBackupDaemon>
バックアップが成功すると、そのバックアップ用に作成されたディレクトリの名前が標準出力に書き込まれます。
次の例では、parameters.xmlは、システムのData Moverデーモンのインストール場所を基準にして、daemon_backupのバックアップ ディレクトリとして repos_bu_001を指定します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
 <dmBackupDaemon xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
   <backup_target_dir>repos_bu_001</backup_target_dir>
 </dmBackupDaemon>
バックアップが成功すると、ディレクトリの名前"repos_bu_001"が標準出力に書き込まれます。