16.20 - ブロックされたジョブの再試行の構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
ジョブの正常実行を妨げるソース オブジェクトまたはターゲット オブジェクトのロックを検出するように構成プロパティを設定できます。また、ユーザーが指定する間隔の経過後にブロックされたジョブの開始を試みるようにData Moverを構成することもできます。
  1. list_configurationコマンドを実行してconfiguration.xmlを生成します。
  2. configuration.xmlファイルを開きます。
  3. blocked.job.retry.enabledキーに次のいずれかのオプションを指定します。
    オプション 説明
    true ジョブに含まれるソース オブジェクトおよびターゲット オブジェクトのロックの検出を有効にします。
    false デフォルト値。Data Moverは、ソース オブジェクトまたはターゲット オブジェクトのロックが存在するかどうかをチェックしません。ロックが存在する場合、ジョブは停止します。
  4. blocked.job.retry.intervalキーで、Data Moverが待機する時間の間隔を指定します。この間隔を過ぎると、オブジェクトが依然としてロックされているかどうかが再度チェックされます。
    オプション 説明
    value 分数または時間数を入力します。
    unit 時間単位を入力します。有効なエントリは、MINUTESHOURSです。
  5. blocked.job.retry.maxIntervalキーに、オブジェクト ロックをチェックする際に待機する最大の時間を指定します。この時間を過ぎると、エラー メッセージが表示され、ジョブは失敗としてマークされて終了します。
    オプション 説明
    value 分数または時間数を入力します。
    unit 時間単位を入力します。有効なエントリは、MINUTESHOURSです。
    この値が常にblocked.job.retry.intervalキーに指定された値より大きいである必要があります。
  6. blocked.job.maxAllowedLimitキーに、ブロックされたとしてマークされ、再試行可能なジョブの最大数を指定します。
  7. configuration.xmlを保存してsave_configurationコマンドを実行し、ブロックされたジョブの構成設定を適用します。