16.20 - status - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

statusコマンドは、指定したジョブのステータスを表示します。複数のジョブのステータスを確認するには、各ジョブに対してコマンドを発行します。

ステータスの更新の頻度も指定できます。 frequencyパラメータを指定しないと、ステータスは一度だけ表示されて、更新されません。

パラメータ

パラメータの順序を参照してください。

broker.port
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカー ポートを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: 61616
broker.url
(オプション)実行時に別のActiveMQサーバーに接続する(その結果別のデーモンに接続する)ために、ブローカーURLを入力して、commandline.propertiesファイルに指定されているデフォルト値を上書きすることができます。
例: dm-server1
frequency
(オプション) ステータスを更新する頻度 (秒単位)。
例: 5
job_name
モニターするジョブの名前。
例: 12315DFHJKS
output_level
(オプション) ジョブ ステータスの出力レベル。 次のテーブルのいずれかの出力レベルを指定します。
出力レベル 説明
1 全体的なジョブ ステータスを表示します。これがデフォルトです。
2 各ジョブ ステップのステータスを表示します。
3 各ジョブ タスクのステータスを表示します。
4 詳細なログ情報を表示します。
例: 2
security_password
(オプション)スーパー ユーザーまたは許可されたViewpointユーザーのパスワード。
例: 53cUr17y
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。 -security_password_encryptedも指定されている場合は、無効なパラメータになります。
security_password_encrypted
(オプション) スーパーユーザーの暗号化されたパスワード。
例: 052c7aabd14c7770141ac3c0137ab98ae0d3f0f7cddf588981206b010c0c1b2f
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。 -security_passwordも指定されている場合は、無効なパラメータになります。
security_username
(オプション)スーパー ユーザーまたは許可されたViewpointユーザーのユーザーID。スーパーユーザーのユーザーIDはdmcl_adminで、変更できません。
Data Moverデーモンでセキュリティの管理が有効になっている場合に必須。

使用上の注意

ステータスの更新を停止するには、システムのINTR文字(UNIX)を押すか、Ctrl+C (Windows)を押します。

次の例は、statusコマンドの出力を示しています。

Job Name: floyd_to_checks-Sun_May_24_13:42:13_PDT_2009
Job Execution Name:
floyd_to_checks-Sun_May_24_13:42:13_PDT_2009_Execution_Sun_May_24_13:48:40_PDT_2009_1

TYPE ID STATUS CURRENT STEP START TIME DURATION TIME
------------------------------------------------------------
Job: 3 COMPLETED_SUCCESSFULLY - 5/24/09 1:49 PM 0:0:55

TYPE ID STATUS STEP TYPE START TIME DURATION TIME
------------------------------------------------------------
Step: 1 COMPLETED_SUCCESSFULLY MOVE_DEFINITION_BEFORE_LOAD 5/24/09 1:49 PM 0:0:7
Step: 2 COMPLETED_SUCCESSFULLY MOVE_TABLE_DATA 5/24/09 1:49 PM 0:0:28
Step: 3 COMPLETED_SUCCESSFULLY RESOLVE_TABLE_AFTER_LOAD 5/24/09 1:49 PM 0:0:6

XMLファイルの例

statusコマンドの場合は、datamove status -f parameters.xmlと入力します。

次の例では、パラメータ ファイルは、ジョブ12315DFHJKSの各ジョブ ステップのステータスを返し、ステータスを5秒ごとに更新します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<dmStatus xmlns="http://schemas.teradata.com/dataMover/v2009"
 xmlns:xsi= "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
 xsi:schemaLocation= "http://schemas.teradata.com/unity/datamover.xsd">
     <job_name>12315DFHJKS</job_name>
     <frequency>5</frequency>
     <output_level>2</output_level>
</dmStatus>