16.20 - コマンドライン インターフェースの概要 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

Data Moverでは、Data MoverおよびData Moverセットアップ ポートレットで実行できるものと同じアクションを多数実行できるコマンドライン インターフェースが提供されています。Data Moverのコマンドライン インターフェースには、Data Moverデーモンとエージェントの構成、およびData Moverコピー ジョブの作成、実行、監視のためのセットアップ コマンドが含まれます。

ユーザーは、ポートレットを使用する代わりにアドホック ベースでコマンドを実行でき、コマンドライン インターフェースとポートレット インターフェースを切り替えることができます。例えば、Data Moverポートレットでジョブを作成した後、コマンドライン インターフェースでlist_jobsコマンドを使用してそれらのジョブを表示できます。または、コマンドライン インタフェースとXMLファイルを使用してジョブを作成し、Data Moverポートレットを使用してそのジョブの設定を変更することも可能です。また、Data Moverコマンドを自動化するスクリプトや、UNIX cronまたは他のジョブ スケジューリング アプリケーションと併用するスクリプトを作成することもできます。例えば、毎晩午前1時にコピー ジョブを自動実行するというニーズが考えられます。

コマンドと関連のあるパラメータの完全なリストについては、Data Moverコマンドについてを参照してください。