16.20 - ジョブ レベルの実行を選択する場合 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
ジョブ レベルの実行では、厳しいユーザー制御が可能です。 ユーザーはデーモン レベルとジョブ レベルの両方の権限が必要です。 例えば、ジョブを実行するには、ユーザーはその特定のジョブを実行するためのデーモン レベルの実行権限とジョブ レベルの実行権限の両方が必要です。 これにより、権限管理は非常に強力になりますが、維持するための追加作業が必要となります。 ジョブ レベルの実行は、次の場合に推奨されます。
  • パワー ユーザーとウィーク ユーザーが混在し、すべてのユーザーが完全に信頼されているわけではない場合
  • 特定の作業を分離する必要があり、ユーザーにすべてのジョブではなく一部のジョブへのアクセスが必要な場合
  • ジョブの所有権が必要で、ユーザーは独自のジョブを作成し、他のユーザーがそれらのジョブにアクセスできるかどうか決定する必要がある場合