16.20 - ジョブ権限の変更 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
ジョブを作成または編集する際に、権限を設定して、指定されたユーザーとロールに読み取り、書き込み、および実行アクセスを許可することができます。保存したジョブの権限は後で変更できます。
ジョブ権限に関連付けられている権限は次のとおりです。
アクセス タイプ 権限
読み取り(R)
  • ジョブのプレビュー
  • 実行中のジョブまたは実行が完了したジョブのステータスの表示
書き込み(W)
  • ジョブの編集
  • ジョブの削除
  • ジョブ ステップの更新
  • ジョブの優先順位の変更
  • ジョブ スクリプトの編集
実行(X)
  • ジョブの実行
  • ジョブの停止
  • ジョブの再起動
  • ジョブのクリーン アップ

これらの権限を有効にするには、Teradata Viewpoint管理者はまずData Moverセットアップ ポートレットでセキュリティ管理を有効にする必要があります。

  1. 保存されたジョブ ビューから、テーブル ヘッダーの""をクリックし、権限の変更を選択します。
  2. 保存後に権限を変更するジョブを選択し、次へをクリックします。
  3. アクセスを付与するユーザーやロールを選択します。
    オプション 説明
    ユーザー
    1. 1つ以上のViewpointユーザーを選択し、"" をクリックしてアクセス権のあるユーザーボックスに移動させます。それらのユーザーが読み取りアクセス権限を持つことを示す「R」が表示されます。
    2. さらに書き込み権限と実行権限を与えるには、書き込みボタンと実行ボタンを使用します。
    ロール
    1. 1つ以上のViewpointロールを選択し、"" をクリックしてアクセス権のあるロールボックスに移動させます。
    2. さらに書き込み権限と実行権限を与えるには、書き込みボタンと実行ボタンを使用します。
  4. OKをクリックします。