16.20 - Data Moverセキュリティ管理の有効化または無効化 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
デーモンのconfiguration.xmlファイルを編集することで、特定のコマンドライン インターフェース コマンドと、Data Moverポートレット内のジョブ アクションの実行を制限するようにData Moverを有効または無効にできます。
  1. list_configurationコマンドを実行します。
  2. 結果の構成ファイルを開きます。
  3. job.useSecurityMgmtキーに対し、value要素をtrueまたはfalseに設定します。
    このキーのデフォルト値はtrueです。
  4. job.securityMgmtLevelキーに対し、value要素をdaemonまたはjobに設定します。
  5. job.allowCommandLineUserキーに対し、value要素をtrueまたはfalseに設定します。
  6. save_configurationコマンドを実行し、デーモンに対するセキュリティ管理を有効にします。