16.20 - システム信頼証明 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradataシステムの信頼証明

パラメータ 説明
ニックネーム Teradata Databaseシステムの名前。
ユーザー名 Teradata DatabaseユーザーID。
パスワード Teradata Databaseパスワード。
アカウント文字列 Teradata Databaseのプロファイル メンバー セッションの特性。アカウント文字列は、ユーザーおよびセッションによって使用される領域を負担するアカウントを特定します。この文字列には、セッションの優先順位を確立する、優先レベルのパフォーマンス グループの先頭子コードが含まれる場合があります。
認証 ユーザーを認証し、ユーザー権限に基づいてセッションを確立する方法。オプションにはTD2とLDAPがあります。認証メカニズムを選択しない場合は、Teradata Databaseのデフォルトの認証メカニズムが使用されます。
文字セット システムがTeradata Databaseとの通信に使用する文字セット。定義されていない場合、Teradata ViewpointはTeradata Databaseシステムの設定を使用します。

Hadoopシステムの信頼証明

パラメータ 説明
ニックネーム Hadoop Databaseシステムの名前。
WebHCat URL メタデータの受信場所。http://webhcat:50111の形式を使用して入力します。webhcatは、WebHCATサーバーが存在するシステム名で置き換えます。ポート50111がWebHCATのデフォルトです。ログオン メカニズムがkerberosの場合、ホスト名は完全修飾ドメイン名である必要があります。
Oozie URL データ移動のためのHiveクエリーとHadoopのTeradataコネクタ(TDCH)ジョブを実行する場所です。http://oozie:11000の形式を使用して入力します。oozieは、Oozieサーバーが存在するシステム名で置き換えます。ポート11000がOozieのデフォルトです。ログオン メカニズムがkerberosの場合、ホスト名は完全修飾ドメイン名である必要があります。
ファイル システムURL TDCHジョブを実行するためにHDFSに格納された構成ファイル、およびTeradata Connector for Hadoopジョブによって生成されたログを取得します。http://webhdfs:50070の形式を使用して入力します。webhdfsは、ネーム ノードが存在するシステム名で置き換えます。ポート50070がWebHDFSのデフォルトです。ログオン メカニズムがkerberosの場合、ホスト名は完全修飾ドメイン名である必要があります。
Hiveユーザー Hadoopファイルシステムのテーブルにアクセスできるユーザーの名前。

ログオン メカニズムがkerberosの場合、Hiveユーザーの値は次の表記規則に従う必要があります。 kerberos_principal@kerberos_realm

Hiveパスワード ソースまたはターゲットHadoopファイル システムのテーブルにアクセスできるユーザーのパスワード。ログオン メカニズムがdefaultの場合、このパラメータはオプションです。ログオン メカニズムがkerberosの場合、このパラメータは必須であり、hive_userのパスワードを指定する必要があります。
認証 ユーザーを認証し、ユーザー権限に基づいてセッションを確立する方法。オプションにはデフォルトとKerberosがあります。認証メカニズムを選択しない場合は、ログイン時にHadoop Databaseシステムのデフォルトの認証メカニズムが使用されます。