16.20 - スタンバイとしての同期サービスの実行 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
単一のアクティブ リポジトリに対し、同時に1つ以上のスタンバイを接続することができます。
  1. スタンバイ サーバーに次のファイルがインストールされていることを確認します。
    • /etc/opt/teradata/datamover/sync.properties
    • /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync
    • /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/DMReplication.jar
  2. sync.propertiesで次のプロパティの値を編集します。
    プロパティ 説明
    master.port アクティブ同期サービスがスタンバイ同期サービスからの接続を待機するポート。
    sql.log.directory 同期サービスがログおよびSQLトランザクション ファイルを書き込む場所。
    sync.isMaster falseに設定されている場合は、同期をスタンバイ サービスとして実行します。
    jobstore.host (オプション)スタンバイ サーバーのホスト名。指定しない場合は、Data Moverのデフォルト ホスト名が使用されます。
    jobstore.name (オプション)スタンバイ リポジトリのログオン ユーザーID。指定しない場合は、Data Moverリポジトリのデフォルト ユーザー名が使用されます。
    jobstore.password (オプション)スタンバイ リポジトリのログオン ユーザーIDのパスワード。指定しない場合は、Data Moverリポジトリ ユーザーのデフォルト パスワードが使用されます。
    master.host アクティブ同期サービスを実行しているホストの名前。
  3. /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync startを実行してスタンバイ サーバーの同期サービスを開始します。nn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナー バージョン番号です。
  4. /etc/init.d/dmdaemon startを実行して、アクティブ サーバー上でデーモンを再開します。