16.20 - セカンダリ ターゲット ステージング データベースの指定 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

ステージング データベースを指定すると、デフォルトのステージング データベースには、ステージング ターゲットテーブル、および作成が必要な任意のワーク テーブル、ログ テーブル、エラー テーブルあるいはマクロが含まれます。ステージング ターゲットテーブルを、ワーク テーブル、ログ テーブル、エラー テーブルおよびマクロが作成されるステージング データベースとは別のステージング データベースに作成することができます。

ジョブ作成XMLファイル内でオプションのstaging_database_for_tableタグを使用して、セカンダリ ステージング データベースがステージング ターゲット テーブルのみを保持するように指定することができます。staging_database_for_tableタグの値を指定すると、そのデータベースはステージング ターゲット テーブルに対するステージング データベースとして使用されます。ワーク テーブル、ログ テーブル、エラー テーブルおよびマクロが格納される一般的なステージング データベースの指定にはstaging_databaseタグがそのまま使用されます。

staging_databaseタグと同様に、staging_database_for_tableタグは、データベース レベル、あるいはテーブルまたはビュー レベルに適用することができます。テーブルまたはビュー レベルで指定された値は、データベース レベルで指定された値を上書きします。

Data Moverでは、staging_databaseタグまたはtarget_staging_databaseタグの使用によるターゲット ステージング データベースの指定をサポートしますが、両方を同時に使用することはできません。