16.20 - データベースのコピー - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
データベース オブジェクトは、ターゲットTeradataシステムの同じ場所にも別の場所にもコピーできます。テーブルのステージング データベースと、作成される一時データ (作業テーブル、ログ テーブル、エラー テーブルなど) 用のステージング データベースをそれぞれ選択することができます。また、ターゲット データベース内のすべてのオブジェクトを削除し、それらのオブジェクトをソースのオブジェクトに置き換えることで、データベース全体を置換することができます。

TeradataとHadoopシステム間でデータベースをコピーすることはできません。

  1. オブジェクト タブで、""をクリックして、ツリーを展開します。
  2. データベース名の右の""をクリックして、オブジェクトのデータベースの設定ダイアログ ボックスを表示します。
    ダイアログ ボックスが開き、データベースの名前が最上部に表示されます。
  3. (オプション)ターゲット上の別のデータベースへマップするには、""をクリックし、データベースを選択します。
    フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
  4. (オプション)テーブルのソース ステージング データベースを設定するには、""をクリックし、ソース データベースを選択します。
    フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
  5. (オプション)テーブルのターゲット ステージング データベースを設定するには、""をクリックし、ターゲット データベースを選択します。
    フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
  6. (オプション)一時データのターゲット ステージング データベースを設定するには、""をクリックし、ターゲット データベースを選択します。
    フィルタリングを使用すると、入力した文字に一致する項目のみを表示することができます。
  7. (オプション) Teradata ARCを使用するときに、ソース テーブルのジャーナル属性のコピーを有効または無効にするには、ジャーナリング リストからオプションを選択します。
    オプション 説明
    デフォルトまたはTrue デフォルト設定です。 ジョブは、ジャーナルを使用するすべてのテーブルをジャーナル属性を持つターゲットにコピーします。
    False ジョブは、すべてのテーブルをジャーナル属性を持たないターゲットにコピーします。
    データベースが選択されていない場合、ジャーナリング設定は無視されます。
  8. (オプション)コピーを実行する前にソース テーブルとターゲット テーブルのDDLの重要な特徴が一致することを確認するには、DDLの比較リストからオプションを選択します。
    オプション 説明
    デフォルト デフォルトでは、Data MoverはDDLを比較します。
    True コピーを実行する前にDDLを比較します。
    False コピーを実行する前にDDLを比較しません。
  9. (オプション)ソース データベースに存在しないオブジェクトで、ターゲット データベースに存在するものをすべて削除するには、ターゲット データベース全体を置換するチェック ボックスをクリックします。
    このチェック ボックスをオンにすると、ターゲット データベースに存在し、ソース データベースに存在しないテーブルが削除されます。
  10. OKをクリックします。