16.20 - ジャーナルを持たないテーブルのコピー - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. ジョブ定義を編集します。
  2. XMLファイルで、文字列<journaling>false</journaling>table要素の子として追加します。
    次の例では、ジャーナルが関連付けられたソース テーブルDBName.Accountsがジャーナル属性を持たないターゲットに作成されます。
    <database selection="unselected">
    	<name>DBName</name>
    	 <table selection="included">
    		 <name>Accounts</name>
       <journaling>false</journaling>
     	</table>
    </database>
    これらのDDL文は、ジャーナルを指定する場合と指定しない場合とで、テーブルの定義がどのように異なるかを示しています。次の例は、ソースのDBName.AccountsのDDLを示します。
    CREATE SET TABLE Accounts ,FALLBACK ,
          DUAL BEFORE JOURNAL, DUAL AFTER JOURNAL, WITH JOURNAL TABLE = DBName.Journal1  ,
         CHECKSUM = DEFAULT
         (
          Col1 VARCHAR(20) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC,
          Col2 VARCHAR(20) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC,
          col3 TIMESTAMP(0))
    PRIMARY INDEX ( Col1 )
    INDEX ( Col2 );
    
    次の例は、ジャーナルを持たないターゲット上で作成された後のDBName.AccountsのDDLを示します。
    CREATE SET TABLE Accounts ,FALLBACK ,
          NO BEFORE JOURNAL, NO AFTER JOURNAL, 
         CHECKSUM = DEFAULT
         (
          Col1 VARCHAR(20) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC,
          Col2 VARCHAR(20) CHARACTER SET LATIN NOT CASESPECIFIC,
          col3 TIMESTAMP(0))
    PRIMARY INDEX ( Col1 )
    INDEX ( Col2 );