16.20 - QueryGridのサポート - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

Data Moverでは、T2Tユーティリティを使ったTeradataデータベース間のテーブルのコピー、およびT2Hユーティリティを使ったTeradataからHadoopへのテーブル、またはビューに関連付けられたデータのコピーをサポートしています。Data MoverはQueryGrid 2.xをサポートします。

T2Hの制限については、<Teradata® QueryGrid™インストールおよびユーザー ガイド、B035-5991>を参照してください。

制限

  • T2Tでは次のデータ型はサポートされません: CSVストレージをともなうデータセット。Teradataコネクタの制限事項の詳細については、<Teradata® QueryGrid™インストールおよびユーザー ガイド、B035-5991>を参照してください。
  • デフォルトで、Data Moverは1つのシステム上で5つのT2T同時タスクを実行できます。この値は、ソース システムとターゲット システムの両方に適用されます。このデフォルト値はconfiguration.xmlファイルを使用して変更できます。ただし同時に実行するT2Tタスクの数が多すぎると、ソースとシステム リソースに問題が生じます。
  • QueryGridによるTeradata間の接続により、最大2048のテーブル列を転送できます。行のサイズは64k未満にします。
  • トランザクション セマンティクスは、T2Tを使用するシステム間でサポートされていません。

既知の問題

  • T2Tジョブはタスクの実行中に停止できません。タスクは完了するまで実行され、cleanupコマンドによってこれらのタスクが停止されることはありません。Data Moverによって開始されていないT2Tクエリーなど、20を超えるT2Tタスクが同じシステムで同時に実行されている場合は、システム リソースが影響を受けます。
  • Data Mover T2Tジョブは、ソースおよびターゲット システムの両方でQueryGridが正しく設定されていても、以下のエラーによって失敗します。
    databaseQueryService.useBaseViewsOnly propertyfalseに設定されており、ジョブに指定されているTeradataユーザーがQueryGrid関数にアクセスできない場合は、Data Mover検証は失敗します。
    バージョン 解決方法
    QueryGrid 2.x Teradataソース ユーザーにTD_SYSFNLIB.QGINITIATOREXPORT関数へのSELECTアクセス権があり、ターゲット ユーザーにTD_SYSFNLIB.QGINITIATORIMPORT関数へのSELECTアクセス権があることを確認します。
    Error: T2T cannot be used to move data. 
    Reason: Cannot use T2T when QueryGrid is not installed either on source or target system.