16.20 - Teradata Database MAPSアーキテクチャの機能サポート - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Moverでは、以下のオブジェクトをコピーする場合に、Teradata Database MAPSアーキテクチャの機能(MAPS)、mapパラメータとcolocateパラメータを使えるようにサポートしています。
  • テーブル
  • インデックス(ハッシュまたは結合)
  • 外部サーバー - 次のユーティリティを使用したデータ転送:
    • JDBC
    • TPTAPI
    • T2T
    • T2H
    • TDCH
次のテーブルでは、mapパラメータとcolocateパラメータを指定できる場合について説明します。これらのパラメータは、パラメータの優先順に表示されています。
レベル 説明
オブジェクト 指定したオブジェクト(テーブル、インデックス、または外部サーバー)のmapパラメータとcolocateパラメータを使用します。
データベース データベース内のすべての指定済みオブジェクトに対して、mapパラメータとcolocateパラメータを使用します。
ジョブ 指定したジョブのすべてのオブジェクトに対して、mapパラメータとcolocateパラメータを使用します。
システム 指定したシステムをターゲット システムとして使用するすべてのジョブに対して、システムレベルのmapを使用します。

ルールと制限

  • Teradata Database 16.10以上でARCを使用する場合は、DBS制御内部フラグEnableARC4MHMtrueに設定する必要があります。 デフォルトはfalseです。
  • ARCは、オブジェクトまたはデータベースを移動しているときはどんなレベルでも、mapまたはcolocateの詳細を指定することはできません。
  • ARCの場合、ソース データベースとそのオブジェクトはオールAMP連続マップを使って、完全なデータベース コピーに対応する必要があります。ARCは、ターゲット データベースのオブジェクト マップを上書きし、オールAMP連続マップを使用します。
  • Data Moverは、構成パラメータdatabaseQueryService.useBaseViewsOnlyがtrue (デフォルト)に設定されているときのみARC MAPS制限が満たされていることを確認します。このパラメータがfalseに設定されている場合、ARCが唯一可能なコピー方法であっても、ARCはData Moverのデフォルトになりません。force utilityジョブ パラメータをARCに設定して、Data Moverに強制的にジョブの作成および実行を許可させることができます。ただし、ARC MAPS制限が満たされていない場合は、次の現象が発生する場合があります。
    • 実行時にARCが失敗する
    • ARCは、オブジェクト データではなく、オブジェクト定義のみをコピーする
  • mapパラメータとcolocateパラメータは、Teradata Database 16.10以前のデータベースではサポートされていません。
  • ターゲット ユーザーには、ターゲット マップに対する権限が必要です。
  • オブジェクトの所有者とターゲットのログイン ユーザーが同じ場合、またはターゲットの所有者のマップがnullの場合、ターゲットのデフォルト マップはhelp sessionマップです。ターゲット オブジェクトの所有者とユーザーが異なる場合は、ターゲットの所有者のマップがターゲットのデフォルト マップとして使用されます。help sessionは、現在のセッションに関する情報を表示するクエリーです。Teradata Database Tools and Utilitiesガイドを参照してください。
  • colocate名の作成は、sparseマップに対してのみ許可され、有効であればどのような名前でも指定できますが、デフォルトの名前はDatabaseName_TableNameです。
  • DSAは、テーブルをコピーするときにユーザー定義のmap値をサポートしますが、ユーザー定義のcolocate値はサポートしません。マップが指定されていない場合、DSAはソース テーブルと同様の定義を使用して、ターゲット システム上のマップを検索しようとします。マップが見つからない場合、またはユーザーがスパース マップに対する権限を持っていない場合、DSAはデフォルト マップを使用します。
  • DDLが有効な場合は、以下のマップとコロケート パラメータが一致することを確認します。
    • マップ パラメータとコロケート パラメータがソース システムとターゲット システムに存在する場合は、それらが一致する必要があります。
    • ジョブにマップ パラメータとコロケート パラメータが指定されている場合、それらはターゲット システム上のマップとパラメータに一致する必要があります。

XMLの例

configuration.xmlを使用してシステム レベルのマップ パラメータを指定し、save_configurationコマンドを使って保存します。
<property>
	<key>map</key>
	<value>false</value>
	<maps>
		<systemLevelMap>
			<system>prodSystem1</system> 
			<map>sparsemap4amp</map>
		</systemLevelMap>
	</maps>
</property>
作成ジョブまたは編集ジョブに対して、ジョブ レベルのmapパラメータとcolocateパラメータを指定します。
<dmCreate>
	. . . . . .
	<log_to_even_table><log_to_event_table>
	<map>TD_SparseMap</map>
	<colocate>ColocationName2</colocate>
	. . . . . .
</dmCreate>
次の例に示すように、データベース レベルのmapパラメータとcolocateパラメータを指定します。
<database selection="unselected">
	. . . . . .
	<compare_dll></compare_dll>
	<map>TD_SparseMap</map>
	<colocate>ColocationName2</colocate>
	. . . . . .
</database>

テーブル、インデックス(ハッシュと結合)、外部サーバー レベルのmapパラメータとcolocateパラメータを指定するには、このガイドのそれぞれのセクションを参照してください。